ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【オカッパリシーバス】今の時期外せないテッパン攻略法をベイトパターンごとに小野澤康平が解説

寄稿:小野澤 康平

皆さんこんにちは! 小野澤康平です。

年の瀬迫る12月。水温低下とともに浜名湖内部のシーバスも南に下り、南部に掛かる各橋脚付近に集結している昨今。

干満による潮の動きで強烈な流れと橋脚による流れの変化、そしてナイトゲームの鉄板ポイント常夜灯と、要素の塊大集合なエリアを中心にGUNSHA.CREWメンバーそれぞれのスタイルでシーバスフィッシングを楽しんでいます。

小野澤 康平(Kohei Onozawa) プロフィール

人生100魚種突破!を目標に浜名湖・遠州灘で四季折々あちこちの水辺に出没する釣り好き…というより魚好き。 魚の大小に拘らず、その魚を初めて釣ったかどうかに全力の拘りと楽しみ持っているため、基本的に魚種ごとの自分の最大魚が何㎝なのかほぼ測らないので知らない。 手尺でだいたい○○㎝?というアバウト加減。ローカルコミュニティサイト「はまぞうブログ」にて浜松近郊の釣りを日々発信するアングラー集団【GUNSHA.F.C】のリーダー。通称Ko-hey!  

 

ベイトサイズに合わせたルアーセレクトがキモ

この時期の浜名湖はイナッコ、サッパ、ヒイラギ、イワシ…など、様々なベイトがいて、それぞれのベイトに合わせてルアーをチョイスしていくのがキモになります。

 

5cmほどのヒイラギがベイトのとき

この時期明暗部分にやけによく居る平べったい系ベイトといえば夏に生まれてやや成長した5㎝程のヒイラギ。

大きな群れで溜まっている事が多くシーバスにはもちろん格好のベイト。ヒイラギを食っているシーバスには、遠投が効き基本的には巻くだけで充分、初心者の方が数釣りを楽しむのにもオススメなカットバイブ55シリーズがベストマッチ。

 

フォルムもまんまヒイラギ…。 サイズ感もバッチリとあればシーバスも口を使わざるをえませんね(笑)

カットバイブ55には10gのオリジナルモデルと12.5gのヘビーウェイトモデルがあり、オリジナルモデルは流れのユルい時や流れに乗せながら明暗部分に流し込みじっくり攻めるのに効果的です。

 

ヘビーウェイトモデルはそのウェイトを生かし、もう一歩先の橋脚のヨレへの遠投や、強い流れの中でも泳がせる事ができ、急流の中シーバスのレンジが深いときでもそのクチモトにしっかりルアーを送り込めます。

GUNSHA CREW白川

 

イワシ・イナッコパターン

イワシ・イナッコベイトには、往年の名シーバスルアーX-80SWにLBOⅡを搭載し、遠州名物カラッ風(強烈な西風)を切り裂いてカッ飛んでいくX-80SWLBOでの明暗ドリフトが効果的です。

明暗の境目をしっかり意識してトレースするのがキモですね。

GUNSHA.CREW松島

 

 

ベイトがしっかり入っていればヒラメなどのゲストも飛び出しちゃったりと、冬の浜名湖ゲームを賑わしてくれます。

 

X-80SWLBOはシンキング設計なので任意のレンジを攻めやすく、流れの強いエリアでもアクションが破綻することなく明暗の絡むブレイクラインを直撃でき、ブレイクについてベイトを待ち構えるヒラメにもアプローチできるので「ちょっと浮気しちゃお」という下心にもクイックに対応可能。

 

サッパ・小アジなど体高のあるベイトには…

サッパ、小アジ等やや体高のあるベイトにはフラップスラップSWLBOがオススメ。

体高のあるボディのフラッタリングによりアピール力が高く、もちろん巻くだけでも大きな武器ですが、それだけではイマイチ口を使わない時にはトゥイッチング&放置が効果的!

 

スローフローティングのフラップスラップSWLBOは、半固定状態となる重心から生まれる安定した強い平打ちが特長。平打ちアピールを伴うトゥイッチングで見せて誘い、放置で流しながらジワーーーっと浮上させて食わせの間を与えて、ニュートラルなシーバスに口を使わせちゃいましょう。

 

ルアーにアクションをつけるのが好きすぎるワタクシ、ロッドはシャドウSXX-78Lを使用。


Length 7’8″ Weight 129g Lure capa MAX 20g Line capa MAX 10lb. / MAX PE 1.0

メガバス公式「シャドウSXX-78L」詳細ページはこちら

 

アステリオンAST-77L共々ショートロッドはアクションもさせやすく、取り回しも良い為ルアーを操作しやすく、何よりアクションさせて釣っていると「ルアー使ってるなー!」という感じがして妙に楽しいんです(笑)

ライトとはいえ、しっかりとバットにパワーがあるので強い流れの中でのファイトも安心。

いよいよ冬も本番を迎え厳しい寒さがやってきますが、風邪等には注意してフィッシングライフを楽しみましょう!

 

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。