ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ラインセレクトで釣果が変わる】ダイワ「月下美人」ライン全6種類をまとめてご紹介

ナイロンライン、フロロカーボンライン、PEライン、エステルライン…。

それぞれに特長があって、迷いがちなラインセレクト。

皆さんは何派でしょうか? これじゃないとダメ!というラインはありますか?

時には、ラインにしか出ないような僅かなアタリを取ったり、不意にくる尺を超えるような大物の引きに耐える必要がある、アジ・メバルを代表とするライトゲーム。

だからこそ、ラインセレクトが釣果を左右するということもまた事実。

そこで今回は、ライトゲーマーに絶大な人気を誇るダイワの「月下美人」からリリースされているラインシリーズ全6種類をまとめてご紹介します!

 

UVF 月下美人 ライン 月ノ響II+Si

極細ならではの「飛距離」と「高感度」を実感できる、月下美人の PEライン「月ノ響II」。

ダイワ公式「UVF 月下美人 ライン 月ノ響II+Si」詳細ページはこちら

 

特長はこんな感じ

 

■低伸度設計による「高感度」を実現
直線破断伸度:約3%(0.2号)で遠くのアタリもキャッチ

■Evo Silicone加工で、PE表面の摩擦抵抗を軽減し、スベリが良く飛距離アップ

■UVF(Ultra Volume Fiber)加工(超高密度繊維加工)により、耐摩耗性、強力、伸度(感度)がアップ

■150mは25m毎に黒マーキング付き

■ナイトゲームでも視認性の高いホワイトピンクカラー

 

スペックはこちら
巻糸量(m) 参考号数
(号)
lb. 強力
(kg)
メーカー希望
本体価格(円)
75 0.15 2.8 1.3 2,450
0.2 3.9 1.8 2,450
0.3 4.8 2.2 2,450
0.4 7.0 3.2 2,450
150 0.15 2.8 1.3 4,350
0.2 3.9 1.8 4,350
0.3 4.8 2.2 4,350
0.4 7.0 3.2 4,350

 

 

月下美人 TYPE-N 煌

2019年10月登場

ウルトラ撥水加工で飛距離アップ。 しなやかで、伸びの少ないライトゲーム専用設計のナイロンライン「月下美人 TYPE-N 煌」。

ダイワ公式「月下美人 TYPE-N 煌」詳細ページはこちら

 

特長はこんな感じ

■UWR加工(ウルトラ撥水加工)
飛距離アップ&ライトリグもコントロールしやすい水切れを実現

■小さなバイトもとれる低伸度設計

■扱いやすさを追求したしなやか設計

■平行巻DPLSで糸つぶれなく、糸本来の力を発揮

■煌(コウ/サイトイエロー):視認性よく、水中ではカモフラージュカラー

 

 

スペックはこちら
lb. 参考号数 糸巻量

(m)

メーカー
希望本体
価格(円)
1 0.3 150 1,600
1.5 0.4 150 1,600
2 0.5 150 1,600
2.5 0.6 150 1,600
3 0.8 150 1,600
3.5 0.9 150 1,600
4 1 150 1,600

 

月下美人 TYPE-F 陽/陰

2019年10月登場

陽(ヨウ/サイトオレンジ)と陰(イン/ナチュラルクリア)を使い分けられるフロロカーボンライン「月下美人 TYPE-F 陽/陰」。

ダイワ公式「月下美人 TYPE-F 陽/陰」詳細ページはこちら

 

特長はこんな感じ

■しなやか&高感度・高強力100%フロロカーボンライン

■小さなバイトもとれる低伸度設計

■陽(ヨウ/サイトオレンジ):ラインに出るアタリや潮流の変化などを目で感じられる視認性の良いカラー
陰(イン/ナチュラルクリア):魚から見えにくく、スレに強いカラー

■平行巻DPLSで糸つぶれなく、糸本来の力を発揮

 

スペックはこちら

月下美人 TYPE-F 陽

lb. 参考号数 糸巻量

(m)

メーカー
希望本体
価格(円)
1 0.3 150 1,850
1.5 0.4 150 1,850
2 0.5 150 1,850
2.5 0.6 150 1,850
3 0.8 150 1,850
3.5 0.9 150 1,850
4 1 150 1,850
5 1.2 150 1,850

 

月下美人 TYPE-F 陰

lb. 参考号数 糸巻量

(m)

メーカー
希望本体
価格(円)
1 0.3 150 1,850
1.5 0.4 150 1,850
2 0.5 150 1,850
2.5 0.6 150 1,850
3 0.8 150 1,850
3.5 0.9 150 1,850
4 1 150 1,850
5 1.2 150 1,850

 

1 / 2
次へ