ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【超カンタン】冬の定番リグ”ゼロダン”を自作するときの便利アイテムと作り方をご紹介

冬のバス釣りで活躍するのが、じっくりとボトムで食わせられたり、早めのアクションでリアクションバイトを狙える”ゼロダン”。

もはや冬のみならず、ワームやシンカーの組み合わせ方によって、どんな状況やフィールドにもマッチする定番リグとして知られていますよね。

そんな大人気のリグ、実はカンタンに作れるんです。

自分で作れば、好みのフックやシンカーをセットできたり、コスパが高かったりとメリットいっぱい。何より愛着が湧くというもの。

そこで今回は、自作するときにベ便利なアイテムと、ゼロダンの作り方をご紹介します!

 

Open Swivel(オープンスイベル SN-7)

ゼロダン ワーム217などにも採用されている「オープンスイベル」。

最大の特長は大きく開いたオープンアイ!

S・M・Lの3サイズから選べて、幅ひろいフックサイズやシンカーサイズに対応が可能。

フィールドで「もう少しシンカーを軽く」「もう少しフックサイズを小さく」など、細かい調整ができるので、その日の状況に合わせた釣りも可能です!

 

実物はこんな感じ!

見てのとおり、最初からアイがしっかり開いているので、フックやシンカーのセットがスムーズ!

デコイ公式「オープンスイベル」詳細ページはこちら

 

特長

■ノット部はスイベル強度を上げ、トラブルを減らすダイヤ型アイ採用
■糸ヨレを防ぎ、ライントラブルを最少に抑えます
■目立たないNSブラック仕上げ

ゼロダンはもちろんですが、ライントラブルを最小に抑えるため、キャロやノーシンカーで使用したり、シンカー類への装着などもオススメです!

 

続いては…セッティングやゼロダンの作成方法を詳しくご紹介!
1 / 2
次へ