ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

冬の釣りにオススメの鉄板バイブ【クラッチメタル】銅系の極薄高強度ボディの注目メタルバイブを紹介

みなさんこんにちは、Vivaフィールドスタッフの藤井春平です。
12月に入りめっきり寒くなってきましたが、私が厳冬期に多用しているのがメタルバイブレーションです!
というわけで、今回は私がオカッパリ、ボート両方で愛用しているメタルバイブ「クラッチメタル(Viva)」をご紹介させていただきます。

Viva公式クラッチメタル 詳細ページはこちら

藤井春平(Fujii Syunpei) プロフィール

子供の頃からスポーツ大好き。フィジカルの強さを生かして、地元四国を中心にバスフィッシングに邁進する日々を過ごすアラサーアングラー。2019チャプター愛媛AOY獲得。好きな色は緑色。

 

メタルバイブが目立って活躍しはじめるのは例年12月から!
そんな時期のバスの状態は?

師走に入ると北風や放射冷却によって、日に日に水温が低下していきます。バスはその水温低下の影響を受けにくいディープにたまりやすくなります。

ディープに溜まるバスは、基本的にあまり動かないので必要カロリーも少なくて済み、捕食行動もそれほど活発ではなくなります。

そういったバスに対してはワームでじっくり狙うのもいいですが、バスの食性に関係なくリアクションバイトを誘発できるメタルバイブ攻めが有効なんです。

 

リフト&フォールに適したメタルバイブ

さて、そんなメタルバイブ攻めで多用しているのが「クラッチメタル【Viva】」です。ウエイトバリエは4種あります


Viva公式クラッチメタル 詳細ページはこちら

Clutch Metal 14g : 55mm / 14.0g / ¥760(税抜)
Clutch Metal 10g : 49mm / 10.0g / ¥740(税抜)
Clutch Metal 7g : 45mm / 7.0g / ¥720(税抜)
Clutch Metal 5g : 40mm / 5.0g / ¥700(税抜)

 

クラッチメタルのボディは強度の高い銅系素材が採用されている

なぜこのメタルバイブを愛用しているのか?というと…。

 

まず、その理由として挙げられるのが、手元に確実にブルブル感が伝わってくるのが◎。

実はクラッチメタルのボディは強度の高い銅系素材が採用されているのですが、ボディが薄いので、手元にブルブル感は伝わりつつ、引き抵抗は軽やかなんです。

 

一般的な真鍮製のメタルバイブが0.8mm程度の厚みなのに対し、このクラッチメタルは0.6mm!かなり薄いです

 

元々、アタリの少ない冬場では、ブルブル感が少なく、引き抵抗が重いとかなりストレスがかかり、メンタルがやられます。その点、このクラッチメタルは冬でも快適に釣りができるので好きなんです。

タダ引き、リフト&フォールといったメタルバイブの必須アクションがとにかくやりやすいんです。あとフォール時にスパイラルフォールしにくい=エビになりづらい設計になっているのも、使いやすい理由になっています。

 

水中アクション動画もぜひチェック

出典:YouTubeチャンネル「Viva / Aquawave Lures」

 

ラインアイは2つ

クラッチメタルのラインアイは2つ。前方のアイはレンジキープ力に優れて、後方のアイはリフト時に跳ね上がりやすくなっています。

 

カラーバリエは全10色

 

クラッチメタルは私がVivaのフィールドスタッフになる以前から愛用しているルアー! 冬バス狙いで、試していただけるとウレシイです。