ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【キーパーサイズが40cm以上】津風呂湖で行われた「2265カップ」参戦レポート!パワーフィネスパターンが激効き

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」

皆さんこんにちは。マーモです。

先日、僕が10代の頃からお世話になっている津風呂湖のスーパーロコアングラー玉置さん主催の「2265カップ」にお邪魔させていただきました。

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

 

キーパーサイズが40cmの「2265カップ」に参加

毎年この大会にお邪魔させてもらっており、津風呂湖は僕個人的に大好きなフィールドでもあるので楽しみなイベントの1つでもあります。

しかもこの大会のキーパーサイズは40cmとまさにドSな企画(笑)。

39cmなら普段は嬉しいキーパーサイズですが、この大会では残念ながらノンキー(笑)。

ですのでデカイ個体だけに狙いを絞り、津風呂湖を攻略していきました。

 

スモラバのパワーフィネスの釣りをメインに大会に挑む

大会前日に2時間ほど行ってきましたが、少し沖まで飛び出ているレイダウンで、「エグダマ3.5g」のパワーフィネスの釣りで反応が良かったので、その釣り方をメインに当日も組んで行くことに。

そして大会当日。なんとかパワーフィネス攻めでナイスキッカーを仕留めることができ、5位入賞という結果で終わりました。

 

優勝された方は3本で4kgという津風呂湖クォリティのイイサイズの魚を釣られていました。

 

開発中のパワーフィネスロッドロッドについて

僕がメインに組んでいたパワーフィネスの釣りは、まさにこれから冬に効くアツイ釣りの1つ!

冬のバスはボトムにべったりな魚もいますが、カバーの下側などに浮くバスも数多くいます。

そんな浮いてるバスに効果的な釣りがスモラバのパワーフィネスです。

タックルは来年発売に向けて開発しているリボルテージのパワーフィネスロッド。

68MH+とかなりパワータックルなロッドになっています。

この冬はパワーフィネスロッドの実釣&解説動画などを紹介させていただきたいと思っていますので、もうしばらくお待ち下さい!

それではまた来週!!

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週  日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!