ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

冬バス攻略のテク「ダウンショットリグ」のディープ攻め大解剖

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」

みなさん、こんにちは! マーモです。

先日、数日間にわたり七色ダムに行ってきましたので、今回はその模様についてレポートします。

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

フィールド問わずあらゆるフィールドで通用する「ウォブリング2.5in」について

水温の低下でディープへバスのポジションが以降していると思いますが、そんな中「ウォブリング2.5in」の1.8gダウンショットリグがイイ釣果を出してくれました。

品名 サイズ 数量 フックサイズ 本体価格
ウォブリング 2in(2019年12月中旬登場) 2in 7本入 オフセット#4 ¥480
ウォブリング2.5in 2.5in 6本入 オフセット#3 ¥480
ウォブリング3in 3in 6本入 オフセット#3-#2 ¥480

ジャッカル公式「ウォブリング」詳細ページはこちら

 

野池や五三川でも寒くなってくる時期から強くなるのが、このウォブリングパターン。ディープにバスが落ち始める11月末あたりから効果的になってきます。

フォール中のバイトやシェイク中のバイト、またはステイしてる時のバイトなど1回のキャストでバイトチャンスが多いのもこの釣りの特長です。

 

アクション方法について

基本的なアクション方法はディープまで沈めてから、ラインスラックを取って「フワフワ」とアクションさせながらリトリーブするイメージで、その中で、ステイを混ぜたりしながら色々なアクション試します。

あとステイさせた時はリーダーの長さの分(ーダーの長さは約20〜25cmぐらいが基準)、フォールするのですが、そのタイミングでバイトしてくることも良くあります。なので、少しラインをたるませてステイさせることも良いかもしれませんね!

なお、アウトサイドベンドのディープエリアや、オダなどが沈んだディープが絡むエリアでは冬にかけてバスも溜まりやすいので、ぜひ上記したアプローチで狙ってみてください。

 

 

ダウンショットと相性が良いロッドとは?

ダウンショット攻めで使用するロッドは「リボルテージ ロッド・RV-S61UL-ST」【ジャッカル・リボルテージ】がベスト。

 

ジャッカル公式「リボルテージ ロッド・RV-S61UL-ST」詳細ページはこちら

 

こちらのロッドはソリッドティップなのでショートバイトが多いこれからの時期でもシッカリとバイトを吸収してくれるロッドです!

Name Type Length Action Blanks Weight Lure(g) Line(lb.) Price
RV-S61UL-ST Spinning 6’1″ ULTRA LIGHT TUBULAR-Solid Tip 96g 0.9-5g 2-5lb ¥25,800(本体価格)

 

ぜひ皆さんも寒くはなりますが、冬のデカバスを狙いに釣りにでかけてみて下さいね!

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週  日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!