ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ヒラスズキや青物に】ジャンプライズの人気シリーズ「かっ飛び棒」にシャローモデルが登場!

これからシーズンを迎える磯からのヒラスズキ狙いや、青物狙いの外洋ショアゲーム。

そんなゲームをこよなく愛するショアプラッガー達から絶大な人気を誇る、プロアングラー井上友樹さんが代表を務める「ジャンプライズ」。

出典:ジャンプライズ

記者個人的に、ショアのヒラゲームや、青物プラッギングでかなりお世話になっているブランドでもあります。

ぶっ飛び君シリーズや、LALAPENシリーズRowdyシリーズなどの人気プラグを数多く輩出し、全国各地でその実績も数多く聞くところ。

こんな記事を覚えていらっしゃる方も多いのでは?

ショアからヒラマサ30kgオーバー・全長150cm!なんとヒラスズキタックルでキャッチされたぞ!

 

さて、そんなジャンプライズからリリースされている人気プラグの1つ「かっ飛び棒」。

プラグで40gのメタルジグに引けを取らない飛距離が出せ、気象状況に左右されない安定感バツグンの飛行姿勢が特徴のこのプラグ。

外洋ショアゲームには欠かせない「かっ飛び棒」に新しいモデルが登場するそうですよ~。

 

かっ飛び棒130R シャローライト

11月下旬発売予定

出典:井上友樹のJUMPRIZE日記

 

View this post on Instagram

本日は開発業務~。 昼休みは競技復帰に向けて跳躍練習します(笑) 非常にお問い合わせの多い、かっ飛び棒130シャローライトのサンプルが全色完成~。 全色ジャンプライズホログラムを採用しております。 ABS専用のホログラムで強く、角度を変えるとホログラムの中にJマークが浮かび上がる設計です♪ 30gと軽量化された事で、シャローレンジをよりスローで誘う事が出来る。 90~100mを射程圏にシャローランナーのイメージで使用出来るシンキングスイマーだと思って頂ければOKです。 きっかけは昨年伊良湖でのミックさんの大会でのナイトサーフ。 伊良湖方面のサーフからのナイトシーバスは内房南房のナイト磯マルの感覚に非常に近い釣りでしたので、遠距離+シャローレンジは凪日に圧倒的な釣果を期待できる。 久しぶりのナイトサーフ釣行は初心を思い出させてくれました。 かっ飛び棒130シャローライトに求めた性能は、全国のサーフ&磯からの凪日のナイトゲームでは究極のアイテムとなるでしょう。 テストではもちろん磯からのヒラスズキ、磯からのヒラマサ&ブリのスキッピングでも多くの結果を叩き出してきました。 また今年は相模海域でカツオが絶好調なのですが、5月からのテストでは、かっ飛び棒130シャローライトのスキッピング攻略で軽く100本を越える大型カツオをキャッチしています。 サーフからのヒラメ狙いにおいても流れが緩い状況では有効だと考えています。 発売は11月上旬予定。 年に1~2回生産予定。初回生産は30000本です。 価格は2100円のまま、MMH4サイズのフックを3本搭載した状態で販売致します。 ただのライトモデルではなく、内部構造変更の為、金型も別途製作した超本気のライトモデル。 冬シーズンはきっと全国で大活躍してくれる事でしょう(^^) #jumprize #ジャンプライズ #かっ飛び棒 #かっ飛び棒シャローライト

A post shared by 井上友樹 (@jumprize_inoue_official) on

※写真はプロトです

 

スペックはこんな感じのようです

テスト段階から、ヒラスズキ、ヒラマサやブリのほか、大型のカツオを100本以上キャッチしていたりと話題になっているシャローライト。

130mmのサイズはそのまま、本体重量38gのオリジナルに対しシャローライトは本体重量30gと軽量化。そのため、よりシャローレンジをスローに誘えたり、逃げ惑うベイトを演出するスキッピングアクションもかなり良さそうですよね!

全色ホログラムを使用したオリジナルカラーで12色のラインナップで、フック込み販売価格2,100円だそうです。

で、このかっ飛び棒シリーズ。今回のシャローライトが加わると、オリジナル・ラトルモデル・シャローライトと3種類のラインナップになるんですが、その見分け方は「目玉」!

オリジナルはこのようにクロの目玉にシルバーマーク。

ラトルモデルがグロー。

シャローライトがシルバーの目玉にクロのマーク。

もう発売間近だということだそうで、ほんと今から楽しみですよねー!