ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【今まさに旬】湾奥”サワラミサイル”に注目!東京湾サワラキャスティングゲームが激アツ

連載:ジャッカルソルト
寄稿:吉岡 進

吉岡 進(Susumu Yoshioka) プロフィール

「よっしー」の愛称で知られるジャッカルのソルトプロスタッフ。10代の頃はブラックバスにはまり、その後はオフショアソルトの世界にトップリ! 関東を拠点に一つテンヤ、オフショアタチウオ、ジギングなど、オフショアルアーゲームをマンキツ中!

今東京湾で最も熱いゲーム、それはサワラキャスティングゲーム!
今年はサワラの沸きが良く、9月後半くらいから始まり、今まさに最盛期と言った感じ。

で、このサワラゲーム。ガツンとくるアタリに強烈な引きと、釣り自体が楽しいうえに、釣れたサワラは脂が乗っていて「トロサワラ」と言って食味も最高〜!

と言うわけで、今回は今ノリにノッているサワラキャスティングゲームをご紹介したいと思います。

 

サワラキャスティングゲームとは

まずは、このサワラキャスティングゲームとはなんぞや?と言う所からお話していきたいと思います。

 

今の時期、東京湾の湾奥にはたくさんのイワシが入ってきています。

で、サワラはそのベイトとなるイワシを捕食する為、かなりの数が東京湾の湾奥までイワシを追って入ってくる。

そいつを船からミノーやジグ、バイブレーションなどのルアーを使ってキャスティングで狙おうというのが、このサワラキャスティングゲームなんです。

 

湾奥”サワラミサイル”を要チェック

潮が良かったり、水面近くにベイトが群れていたり。
海の状況が良いと、サワラはイワシを捕食するとき、下から食い上げそのまま水面から外にポーンと飛び跳ねる”サワラミサイル”となる事が多く、目視でサワラを確認する事もしばしば。

 

そして、ここからがけっこうサワラキャスティングゲームのキモなんですが、このサワラの飛び方が重要なんです。

「高くジャンプしている時」は下のレンジから食い上げている状況が多く、「横に飛んでいる時」は水面付近で回遊していると考えられます。

となると、狙うレンジ(層)もサワラに合わせて深いところを探ったり、水面を攻めたりできますよね。

つまり、サワラのジャンプの仕方である程度状況を掴むことができるんです。

周囲をよく観察し、状況を把握しながら釣りを組み立てて行くと良い釣果になると思いますよ!

 

サワラの狙い方は2パターン

サワラを狙うには、大きく分けて2パターンあります。

まずは前述の”サワラミサイル”のように目に見えるナブラを狙い撃ちする方法。 そして、なかなか水面には顔を出さない時は、船長の指示を効きながらブラインドで釣っていく方法。

 

その日の状況によるんですが、ナブラ撃ちができる状況での釣りはかなりエキサイティング!

ナブラを見つけたらキャストできる距離まで船で近づいて、船長の合図でキャスト!
ナブラへのキャスティング精度、使うルアーもベイトに合わせないと食わなかったりと、なかなか腕の差も問われる釣りです。

 

1 / 2
次へ