ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

音と味(ガルプ)の要素をプラスNEWタイラバ「カチカチ玉」【解説動画も公開中】

ここ数年でファンが激増しているのがタイラバゲーム!

そんな背景もあって、ここ数年、たくさんのタイラバアイテムが登場しました!さすがに、もう斬新なタイラバってないかも!?と思いつつ探していると、えっと思うタイラバを発見しました!
それはピュアフィッシングのソルティステージブランドから登場のNEWタイラバ。その名は…。

「カチカチ玉」

fafagha

 

一見、ホワっとした気持ちで眺めるだけでは気づかないかもしれませんが、実はけっこうキテる仕掛けが詰まっていました!
プロデュースしたのはアイデアグッズを多数輩出しているデビル渡辺さん!

ひとまず、動くカチカチ玉をご覧ください!

カチカチ玉の解説動画も撮影させていただいたので、ご覧ください!

 

それではカチカチ玉の特長を紹介してきますね!

基本的には今やメジャーとなった誘導式のタイラバなのですが、このカチカチ玉はメインの玉と食わせ玉の2つの玉で構成されているんです! 

 

この構造のおかげで、リトリーブするとラバー側にある小さな食わせ玉がユラユラと動いて、メインの玉をぶつかり、音がでるようになっているんです!

IMG_2097
ちなみにその音にも、こだわりがあって、タイが好む低音の音がでるように、玉の素材にはタングステンではなく、ナマリが採用されているんです!

今までのタイラバはラバー&ネクタイの波動、存在感でタイを誘っていたわけですけど、このカチカチ玉では、そのラバーに加えて、音でも誘えるようになっているというわけなんです!

 

この音システムだけでもオォーという感じなんですけど、もう1つ工夫が!
それは食わせ玉の端にスクリュータイプのワームキーパーがつけてあるんです!
なんで、ワームキーパーがつけてあるのか?というと、その意図は、アジとニオイ系のガルプワームをキッチリホールドできるように意図されてワームキーパーがつけられてとのこと。

IMG_2098

シーケンス 01.Still001


そしてもう1つ触れたいのが、2つの玉の色

メインの玉は黒系で統一されていて、食わせ玉には赤などの明るい色が採用されています!

なぜこうしてあるのか?というと、タイが乗らない大きな原因となっていたのが玉へのバイトの多さ!

それを払拭するために、メイン玉は目立たない色にして食わせ玉を目立つ色にしてあるんだそうです!

いわゆるバイトマーカーってやつですね!

シーケンス 01.Still002

 

 

今まではラバー&ネクタイの波動と存在感で誘っていたのが…。

このカチカチ玉は、ラバー&ネクタイ、音、味とニオイという3つの誘い要素が詰め込まれたタイラバになっているというわけ。

ウエイトのラインナップは30g、40g、60g、80g、100gの5種。カラーは5種。
価格は650~900円税別
dagg

 

ピュアフィッシングのスタッフによるフィールドテストでも、それまでは甘噛みだったのが、カチカチ玉にすると一発で乗ってしまうケースが多発した!という話も聞かせてもらいました!

とにかく斬新なタイラバ! 現場で試してみたいですね!
a5dc8f65228e9f0130d1039703723b87