ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【2種類のジグを使い分け】晩秋オカッパリバスの横と縦の釣り方とは?

寄稿:村松 恵太

皆さん、こんにちは! 村松 恵太です!

秋も深まり、いよいよ冬目前って感じですね。

僕のホーム静岡のフィールドでも、気温とともに水温も下がってきて、バスの活性は低め。

でも、そんな秋~晩秋にかけて、けっこう効果の出ている釣り方があるんです!

今回は、水温が下がり傾向にあるこの時期に効くパターンを2つご紹介しますね!

 

村松恵太(Muramatsu Keita) プロフィール

静岡県のフィールドでオカッパリバス釣りを中心に活動中! バス釣り以外に、ソルト、管釣りにもチョコチョコ出撃しています♪

 

レンジ低めの巻きモノ(横の釣り)が効果的!

秋も半ば~晩秋になると、水温が下がりバスの活性が低くなったりレンジが下がったりと釣りにくい状況に。

そんなときは、カバーやボトムに絡められて、ゆっくりレンジキープできるスイムジグ、バレッジスイマー【ジャクソン】と、バレッジスイマーアナザーエデション【ジャクソン】が自分的にはベスト!

 

こちらがノーマルのバレッジスイマー

で、こっちがバレッジスイマーアナザーエデション

 

2種類の使い分けとしては、バレッジスイマーは物(ストラクチャー)に対してコンタクトさせながら巻いて釣るイメージ。

バレッジスイマーアナザーエディションは一定のレンジコントロールに優れているので、物(ウィード、沈み物、等)の上や際を引いて来る時に使うイメージです。

ルアーウェイトは狙うレンジや飛距離、巻くスピードに合わせてローテーションしています!

 

バレッジスイマーで狙うエリア

ウィードの中を引けるほど、カバー回避能力に優れているスイムジグなので、使うエリアを選ばないのもバレッジスイマーの魅力。

・フラット ・ウィード ・立木 ・カバー際 ・沈み物 ・垂直岩盤

などが具体的に狙うエリアです。

スイムジグのトレーラーは4インチ~5インチのシャッドテールワームがオススメですよ!

1 / 2
次へ