ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【山田ヒロヒトが解説】オカッパリエギングの釣果をモロに左右するポイントでの「立ち位置」について

連載:山田ヒロヒト「ヤマラッピワールド」

最近は朝夕の冷え込みが強くなってきて、冬の到来を肌で感じることが多くなってきました。

ただ海の方はというと、まだまだ水温も高く、高活性な個体がアクティブにエサを捕食しているシーンも多いです。

実際、私の方も、毎回とはいえないまでも、まだまだ、エギングを楽しめる日が多いです。

さて、そんな中、今回の連載「ヤマラッピワールド」では、私自身が、安定した釣果を上げるために「ポイント選び」に関して実践していることをご紹介したいと思います。

山田ヒロヒト (hirohito yamada) プロフィール

バックドリフト、ノーテンションソフトフォールなど、新たなエギングの扉を開き続けるエギンガー。2016年年末に、それまで23年勤めた会社を退社、2017年よりフルタイムのプロアングラーとしての活動を開始。これまで通りエギング関連アイテムの開発を続けるほか、イカ係長とフィッシングブランド「NUTS & VOLTZ」を立ち上げるなど、活躍の場を広げている。なおアオリイカの自己記録は屋久島ロケ中に捕獲した4280g。1968 年7月生まれ、大阪府出身、奈良県在住。趣味はスノボと一眼レフカメラ撮影。

 

実は超重要なポイントでの立ち位置について!

ポイント選びについて! と書きましたが、正確にいうと立ち位置についてなんです。

 

立ち位置の選択こそがハッピーエンドを迎えられるか? どうか? の命運を分けることが多い

人気エリアのナイトゲームなどでは、きたるべき夜の時合に向けて、夕マズメから場所取りをして、立ち位置を決めて、回遊アオリが来てくれることを祈りながら、キャストを続けることが多いと思います。

もちろん私も同じです!

で、そんな状況で、最後の最後に決める「立ち位置」って、私的にはスゴい大事なことだと思っているんです。

その「最後の立ち位置の選択」こそが、ハッピーエンドを迎えられるか? どうか? の命運を分けると言っても過言ではないと思っているんです。

 

1つのポイントでの立ち位置にこだわる必要性ってスゴいあると思っています

平日で、釣り場が比較的空いているタイミングであれば、ひたすらランガンし新しいポイントにエギを通していけばよいのですが…。

週末、しかも人気エリアでの釣りになる場合、場所移動が困難で、1つのポイントで回遊待ちで頑張ってみるしかない状況もありますよね。

また、実績場で元々、回遊待ちでの粘りの釣りを行う必要がある場合も多いですよね。

そういう1つのポイントで粘る場合は、やはり「立ち位置にこだわる必要性」ってスゴいあると思うんです。

1 / 5
次へ