ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【フィッシングショー】イマカツの超注目ルアー紹介(その2)世界初公開アイテムがゾクゾク!

2017年のフィッシングショー関連情報が盛り上がりマクってますね。

ルアーニュースRでもまだまだ紹介しきれていない荒ヤバ系トピックが山盛りですので、ドンドン紹介していきますよー!

ということで、バスフィッシングルアーの人気ブランド「イマカツ(IMAKATSU)」のNEWアイテムを紹介する企画の第2弾です。

第1弾の記事はこちら▼
【フィッシングショー】イマカツの超注目ルアー紹介(その1)世界初公開アイテムが目白押し!


まずは、コレ!

三原直之プロのプロデュースのビッグスプーン「ベラー175」です。

かなりユニークな形状のスプーン!? ですね。

どうやらディープを狙うというより、ストラクチャーギワなどの3m以浅をスローフォールで強制リアクションさせるための新発想ビッグスプーンのようです。

ブレードは、回転してのアピールするのはもちろんですが、抵抗としての役目があるのでしょうか!?

気になるなぁ…


超強力な食わせ系ワーム「イマ・エビ」。

3

2

2インチというボディに、三原虫系の毛?が装着されたゼッタイ釣れる系のスモールワーム。

特にノーシンカーで使うと神ってるそうです。


ジャバロン90の超進化系モデル「ベビージャバロンネオ97」。

トーナメントなどハイプレッシャー下でもデカバスにスイッチを入れる小さなモンスターベイトとして未だにファンが多い「ジャバロン90」ですが、使えるフックサイズが小さく、デカバスとの勝負では不安になることもあったということで、#2/0フックが使えるジャバロン90として、さらに進化したのが、この「ベビージャバロンネオ97」だそう。

一見、地味だけど潜在能力の高さはピカイチとのことです。

4

ちなみ、アクションはまんま魚!

パワースピニングやベイトフィネスでの使用にも最適とのこと。


満を持して登場する劇釣れカーリーテール「アンクルコビー バリウス4インチ、5.3インチ」

「バリ」が付いたアメリカンワームが釣れるという都市伝説ならぬ、琵琶湖伝説が、いにしえより語り継がれていますが、特に往年の銘ワームにはそういう当たりパッケージが存在し、お世話になったアングラーも多いはずでしょう。

その「バリ」のよさを、現在の製法で復活させたカーリーテールが、この「アンクルコビー バリウス4インチ、5.3インチ」

要するにエッジ部がバリバリ薄いテールのカーリーテールワームで、もうともかく釣れマクるそうです。

コレも地味ですが、かなりの釣れっぷりをみせてくれそうですね。

5


ということで、今年のIMAKATSUブースはネタが多すぎです。しかも、まだまだNEWアイテムが山盛りですので、機会を見て紹介していきますね。