ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【今すぐ使える】簡単!秋のリアクションメソッドin琵琶湖

寄稿:薮田和幸

みなさん、こんにちは! 琵琶湖プロガイドの薮田和幸です。

薮田 和幸 (Kazuyuki Yabuta ) プロフィール

ミックバスクラブ所属の琵琶湖プロフェッショナルフィッシングガイド。imakatsu プロスタッフ。 パワーフィッシングをメインに琵琶湖でのバス釣りを楽しみ尽くすスタイル。山形県出身。O型。

朝の冷え込みと日中の陽気が秋を感じさせる今日この頃。

琵琶湖はターンオーバーで一気に難易度MAXになっています。

今秋の琵琶湖の傾向としてあげられるのは、2つ

  • ウィードが例年よりも多いこと
  • 水温が高いこと

本来なら枯れているはずのウィードが未だモリモリに生い茂っているために、活性の低いバスがウィードの中に隠れてしまっていることが難易度を上げている要因となっています。

そこで今回は、ひと筋縄ではいかない気難しい秋バスでも思わず口を使ってしまう、やる気スイッチを強制的に入れるリアクションメソッドをご紹介しちゃいます。

小さくても威力抜群「チタンバイブ」

昨年の今頃はウィードが全くと言ってよい程無かったので、広く探れる「ソルソニマッハ(ソルティーマッハソニック)」が効果的でしたが、今年はウィードが多いのでショートキャストでの手数勝負ということから「チタンバイブ」を多用しています!

縦と横、両方のリアクション要素を備える「チタンバイブ」の使い方ですが、アクションは素早くブリブリっとシャクリ上げてはストンと落とすの繰り返し。

単純作業なので誰にでも簡単に使えてしまうお利口さんです。

「チタンボディ」が産み出す、ショートリフトでもキレっキレのハイピッチアクションで気難しい秋バスも思わず口を使ってしまってしまうワケです。

リフト中にもバイトがあったりと、状況によって色々なバイトがあるのが「チタンバイブ」です。

ですので、タックルバランスが悪いとせっかくのバイトを無駄にしてしまうので、硬すぎないロッドセレクトがオススメです。

オススメセッティングは、6.3〜6.6ftのML〜Mアクションのロッドに、ラインは「バウオ・エクスレッド10lb」です。

さらに強力なもう1つのリアクションパターンを次ページで!

1 / 2
次へ