ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ガチで高感度】おすすめのティップラン&ボートエギング用ロッド&感度がアップするロッドの構え方も紹介!【ダイワ住澤直樹】

エギング&イカメタル特集

海水温もぐっと下がりはじめ、ティプランエギングが盛り上がるシーズンです。

ということでここでは、ティップランなどボートエギングの超エキスパート・ダイワフィールドテスターの住澤直樹氏にボートエギング用ロッドにまつわる色々と伺ってきました。

住澤 直樹(Naoki Sumizawa) プロフィール

三重県・伊勢湾をホームグランドに活躍するダイワ・フィールドテスター。ボートエギングの第一人者としても知られるほか、実は元々はバス釣りマニア、またライトジギング歴も恐ろしく長いオフショアSWゲームのエキスパート!1969年生まれ、三重県出身&在住

ティップラン(ボート)エギングの釣果を左右する重大な要素「目感度」と「手感度」

ティップランは、イカのお触りなどのバイトをティップの変化で見てとることが基本となるため、「目感度」の良さは重要です。

さらに、住澤氏によると「目感度」以外にも手から感じる「手感度」も、実は目感度同様に重要とのこと。

その「目感度」と「手感度」がバツグンによいということで、住澤氏がおすすめするティップラン&ボートエギング用ロッドが「エメラルダス EX BOAT」なのです。

「エメラルダス EX BOAT」の特長

SMTならアタリの種類が圧倒的に多い

「エメラルダス EX BOAT」に搭載されている「SMT(スーパーメタルトップ)」は、超弾性チタン合金製でしなやかかつ、 高感度。視覚(目感度)にも触覚(手感度)にもしっかりと情報を伝達してくれるため、ボートエギングにおいて圧倒的なアドバンテージとなる超高感度ティップです。

住澤氏によると、この SMTにしか出ないアタリがかなりあるとのこと。

例えばフォール中に竿先が震えるような動きをするアタリはその代表的なもので、こういう特殊なアタリを目感度で目視できるため、SMTは見る&感じるアタリの種類が圧倒的に多い。

そのため、使っていて楽しいティップになっているそうです。

実は手感度もバツグンによい!

またSMTは実は手感動も圧倒的よいそうで、荒れている時などティップが安定せず目感度だけに頼れないような状況でも、手感度を頼りにしっかり釣りができる。

シャクっていて気持ちいい!

「エメラルダス EX BOAT」は、ブランクに低反発のHVFナノプラスを使うことで粘りがでているため、滑らかに軽快にシャクることができる。

またシャクリ時にはエキが飛び過ぎず、アクションが安定するとのこと。

そのため、シャクっていてかなり気持ちのよいロッドとなっているそうです。

「エメラルダス EX BOAT」おすすめの2モデルを紹介

「エメラルダス EX BOAT」シリーズ中で、住澤直樹氏がおすすめする2モデルを紹介します。

70MLS-SMT

「70MLS-SMT」は、キャスティングとティップランの両方ボートゲームを完璧にこなせる文字通りのオールマイティロッド。

レングスがあるので、キャスト時に飛距離が容易に出るうえ、荒れた時や喫水が高い船でも釣りやすいモデル。

「エメラルダス EX BOAT」をまず1本手に取るなら、コレで間違いナシの万能ロッドとなっています。

品名 標準全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
エギサイズ
(g)
適合ライン
(号)
希望本体
価格(円)
70MLS-SMT 2.13 2 111 83 0.8 9.8 18-70 0.4-0.8 62,000

65MLS-SMT

「65MLS-SMT」は、バットがシリーズ中一番しっかりしているので、重めのエギもしっかりと扱える、ティップラン特化モデル。

張りとしなやかさのバランスがよいので、シャクった時のフィーリングがかなり心地よいのが特長。

アクション時にエギがバタつき過ぎず、理想的な動きを演出しやすいそう。

ティップランをメインに考えるなら、おすすめのロッドとのこと。

品名 標準全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
エギサイズ
(g)
適合ライン
(号)
希望本体
価格(円)
65MLS-SMT 1.96 2 102 82 0.7 9.8 18-70 0.4-0.8 61,000

出典:ダイワ

感度をさらに上げるためのロッドの構え方

ティップランというと、どうしてもティップに出るアタリ、「目感度」に意識が集まるとは思うのですが、住澤氏は実はかなり「手感度」も頼りにアタリを取っているそうです。

この時は、ロッドの構え方にキモがあるそうで、エギの方向とティップの方向をできるだけ一直線にすると、手感度がかなり向上するとのこと。

これを基本に、ティップの動きも見やすい角度に調整することで、手感度と目感度を最大限に活かすことができるそうです。

試してみてくださいね!

ロッドの角度、ティップの向きを水中のエギと可能な限り一直線にするのが、手感度向上のキモだそう

「エメラルダス EX BOAT」をティップラン動画を配信中!