ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

南紀の地磯で良型キャッチ

連載:池内修次の毎日イカ曜日♪

皆さん、こんにちは。デュエルの池内です。今週も、アオリイカ情報はもちろんのこと、デュエル &ヨーヅリ、ゼスタなどの最新情報をお伝えしたいと思いますので宜しくお願いします!

南紀の地磯をランガン

今回のイカ曜日は、ここ最近調子の良いエリアでの地磯ランガンの時の様子をお伝えします。

今年の串本は本当にイカの気配がないみたいで、正直言って釣れません(涙)。

そこで、近々アオリイカ釣り大会にエントリーしているので、少し早いですが大きいエリアでどこが釣れているか?を調べるべく、南紀をランガンすることに!

朝イチ、夜が明ける前にエントリーした地磯には、すでに先行者がおられましたが、少し離れたポイントで釣り開始。

初めてのポイントだったので、地形把握をするべくエギからの情報を頭の中で整理。

頭の中で地形が把握できた時に、狙うべきポイントを考えてエギを送り込むと、いきなり「ガツン!」ってヒットしたのですが、掛かり所が悪く痛恨のバラシ!

でも、いるポイントは分かったので同じポイントにキャストし攻めてあげると…。

ハイ!すぐにきましたが、先程よりも確実に小さい(涙)。

そしてすぐにまたキャストしたらヒットするも、リリースサイズのためにお家に帰って頂きました。

夜がすっかり明けてしまったので、ポイント移動。

今度は半島になったエリアで、グルっと回れば2時間くらいはかかる大きな地磯を、ランガン開始。

シャローエリアには、しっかり300g位までのアオリイカは居ますが、大型のアオリイカがおらず、さらに少しブレイク絡みのエリアに移動してシャローから探ると、手前はしっかり200~300g位が遊んでくれました。

そしてブレイクを探ると…。

アタリがありフッキングが決まった瞬間に、ドラグが出ていく!

「コレは少しデカそうだ!」と確信。

かなり沖のブレイクでヒットしたので、沖の方からイカが浮いて上がってきた。

検量結果で750g位の立派なアオリイカにウットリ〜‼️

その後もポツリポツリとヒットして、気付けば7ハイ位を釣っていました。

まだ午前中、DUELテスターの浮本氏が近くで取材していたので合流。

その時の様子は来週にお伝えしますね。

では、また来週のイカ曜日もお楽しみにね〜!

タックルデータ

ロッド
アサルトジェットタイプX81(ゼスタ)

リール
18イグジスト LT 2500S-C(ダイワ)、ハンドルWING92フィーノ+ノブ(リブレ)

ライン
ハードコア アーマードF+ 0.6号(デュエル)

リーダー
TBカーボンエギリーダー 2.5号(デュエル)

スナップ
ナイススナップ2号(ヨーヅリ)

エギ
EZ-Q キャスト喰わせ3号、3.5号(デュエル)
EZ-Qダートマスター3号(デュエル)

ほか、デュエルフローティングベストゲーム、ストリームトレイル防水バッグ33L