ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【超パワーロッドなのに仕舞い寸49cm】怪魚や大型魚とのファイトも余裕なフィッシュマンの4ピースロッドが凄かった

旅行先や通勤途中にサクッと釣りをする、ガッツリ海外遠征で釣りを楽しむ。

そんな時、あると便利なのが持ち運び便利な「パックロッド」。

最近、パックロッドを展開するメーカーがどんどん増えていっており、実は人気上昇中のロッドのカテゴリなんです。

そんな中、ロッドの携行性の重要さに着目し、3ピースや振り出しロッドなどを展開しているブランドが「フィッシュマン」。

日本の渓流、ランカーシーバスやアカメ、はたまた世界を舞台に怪魚や大型魚など、あらゆるゲームフィッシュをターゲットに、飛距離、高精度ピンスポ撃ち、ゼロバックラッシュを極限まで求めた、個性の強いベイトロッドを展開しています。

個性派揃いのベイトロッドを、見ているだけでワクワクするのですが…。

今回はその中でも、特に携行性を意識してデザインされている4ピースロッドシリーズ【BC4シリーズ】をご紹介したいと思います!

 

BC4 5.10LH/MXH/XH

各番手それぞれ、仕舞寸法は49cmで統一。

機内持ち込み用のスーツケースや、リュックに入るサイズ感なので、旅行先などどこにも連れていけるのが魅力!

ブランクは言うならとにかく強靭で粘りのあるブランクスを採用。ピン撃ちキャストや、巻き抵抗のあるルアーを軽快に扱えます。

ファイト時には極限まで曲がるものの、しっかり芯が残る設計で大型魚とのファイトにも主導権は与えません!

 

フィッシュマン公式「BC4 5.10LH/MXH/XH」の詳細ページはこちら

 

特長はこんな感じ

【グリップ部分】

アルミ削りだしのFishmanオリジナル回転式フォアグリップ。トリガー下にはEVAを4cm装備して滑り止めの効果を持たせています!

また、飛距離も売りの5.10シリーズなので、エンドグリップは握りやすく太めの設計。握力を落とさずに1日投げきることが可能です。

 

【ジョイント部】

ジョイントセクションはオス・メス側ともに6cmづつ粘り強い補強材を実装。

バット部とティップ部でカラーを変えており、バット部は深いワインレッド。
ティップ部はアンサンドフィニッシュで仕上げ、ティップ部に塗装しないことで先重り感も解消しています!

 

スペックはこんな感じ

【3機種共通】
全長:181cm(5ft 10inc) マテリアル:4軸カーボン
ガイド:Kガイドチタン+ステン
継数:4ピース 仕舞寸法:49cm グリップ長:41cm

【LH】
自重:136g ルアーウェイト:7~40g ライン:PE1~5号 価格:¥47,800(+税)

【MXH】
自重:143g ルアーウェイト:7~55g ライン:PE1~8号 価格:¥48,800(+税)

【XH】
自重:167g ルアーウェイト:10~200g ライン:PE3~10号 価格:¥49,800(+税)

■各モデル使い分けの目安
5.10LH ~5kgまでの魚
5.10MXH ~10kgまでの魚
5.10XH ~10kg以上100kgの魚

 

BC4 5.10MXHを使った実釣動画も要チェック!

出典:YouTubeチャンネル「Fishman」

国内外の大型魚や怪魚、モンスターとのファイトって夢がありますよね。

飛行機での移動や電車移動をラクにできるパックロッドがあれば、フットワークも軽く夢の魚を狙いにいけますよ!