ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

タチウオのキャスティング・テンヤゲーム講座【ライトテンヤが釣れるメカニズムを徹底解説】

タチウオ特集

こんにちは! 市橋 貢(いちはしみつぐ)です。

今回は最近、人気急上昇の釣りタチウオのキャスティング・テンヤゲームをご紹介したいと思います!

市橋 貢 (Mitsugu Ichihashi) プロフィール

タチウオはもちろん、チヌの落とし込み、オフショアのスロージギングにも精通。スパークテンヤでは主にショートタイプとアシストフックの開発に携わった人物。釣り好きが高じて海鮮屋台『浜番長』(大阪市淀川区西中島5-9-2 ℡06-6303-1122)をオープン! 普段は、「浜番長」で、新鮮で美味しい海鮮料理を釣り好き!魚好きのお客さんにお手ごろプライスで提供中!

 

 

タチウオ狙いで私がテンヤを選ぶワケとは?

私自身、いろんな釣りをするんですが、やっぱりこの時期はタチウオゲームが楽しいですよね。

そのタチウオゲームですが、以前は釣り方的にはワインドで釣ることがほとんどだったのですが、近年は(キャスティング)テンヤの釣りを選択することが多くなってきました。

なぜ、そうなったのか? というと…。マズメ時はワインドの釣りも強いのですが、完全に日が沈む時間になると、テンヤの方がアタリの数が多くなるからなんです。私自身は夜間の釣行が多いので、現在ではテンヤオンリーという感じ。

テンヤの釣りですが、アタリの数がホントに多いです。

 

キャスティングテンヤで愛用しているのがコレ

テンヤの釣りで愛用しているのがアクアウェーブのコレ! 新型のキャスティングテンヤ「スパークテンヤ」と、アシストフック「スパークテンヤ・アシスト」。ちなみにスパークテンヤのショートタイプとスパークテンヤ・アシストは私自身が開発に携わらせていただいたアイテムです!

 

スパークテンヤ=価格(1個入り):6g/8g 600円(税抜) 11g/15g 620円(税抜)

スパークテンヤ・アシスト【アクアウェーブ】=価格2本入500円税別

 

 

 

 

軽い重さのテンヤが有利! その理由は??

ではどういった感じでテンヤの釣りを行っているのか? なんですが…。

まずタチウオの捕食仕方ですが、青物のナブラなどと一緒で、タチウオも水面の壁にベイトを追い詰めて捕食します。

なので、表層付近を中心にテンヤで誘いたいので、基本、水面から1mの水深をゆっくりただ巻き、軽いトウィッチ、フォールを織り混ぜてその日のヒットパターンを探します。

大阪湾の水深は特別な場所を除いては10メートル以下ですので、基本、軽めのテンヤを使うのが食わせ力があるので、好んで使っています。

ちなみに少し深いタナで当たる時でもテンヤは軽めのスパークテンヤ6-8gを選択し、テンションフォールとフリーフォールを使い分けて深いタナまで探ります。

6~8gのテンヤというと、「軽すぎるのでは?」と思う人がいるかもしれませんが、重たいテンヤを使うと太刀魚のいるタナを早く通り過ぎてしまい釣果が落ちるので、軽いテンヤを好んで使っています。

なおテンヤの重さは、水深で決めるのでは無く、風などによるラインテンションを維持するために決めています。

 

 

 

テンヤにセットするエサとして「ドジョウ」が最適な理由

さて、テンヤにセットするエサですが、私は好んでドジョウを使用します。

その理由は、エサ持ちが良いことに尽きます。

一度、ドジョウをテンヤに装着してしまえば、10尾ぐらいはエサを変えずに釣ることができたりします。

釣れる太刀魚のサイズが大きい時は、ドジョウが途中でちぎれてしまう時もありますが、ドジョウのエサ持ちのよさは特筆モノです。

私自身、テンポ良くポイントを探り歩くランガンスタイルが好きなので、エサチェンジの時間が少なくて済むドジョウは必要不可欠なモノになっています。

なお生きたドジョウを殺生するのが苦手! という方は、釣具屋に冷凍のドジョウがあるのでそれを使用すればOKです。

なお冷凍ドジョウでもタチウオの食いは全く変わりませんよ。

 

 

私は必ずアシストフックを装着! 装着するメリットとは!?

さて、キャスティングのテンヤでは、私は必ずアシストフック「スパークテンヤ・アシスト」を装着します。それには2つの理由があります。

まず1つがメインフックまで食い込まないようなショートバイトを、ワイヤーのシナリで絡めとってしまえるから!ということ。

そしてもう1つは、アシストの抵抗でテンヤのフォールをよりスローにすることができるからです。

ちなみに私が愛用しているスパークテンヤのショートタイプはアシストフックの使用を前提に設計されています。

アシストフックを装着することでベストな姿勢が保たれるので、アシストフックがぜひ装着してください。装着した場合、アシスト無しよりもバイト数が増えて釣果がアップしますので!

 

あと横風によってエビになる場合もありますが、それはどのアシストを使用しても同じことなので、あまり気にしすぎないでください。スパークテンヤ・アシストを使えば、それ以上に圧倒的な掛かりを体験できると思います。

 

キャスティング・テンヤ関連記事もぜひチェック!

【スパークテンヤシリーズ】人気沸騰!岸からのハイブリッドテンヤ太刀魚ゲームはいかが?

AquaWave(アクアウェーブ)

兵庫県三木市を拠点とするソルトウォータールアー専門ブランド! アジング、メバリング、タチウオゲームなどのワーム、プラグ、ジグヘッドなどを主体に現場密着系アイテムを続々と輩出中!