ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【酔狂】ドランクレイジーのモンスターバス&怪魚系人気ロッドがリニューアル登場

独創的な商品ラインナップで、コアなファンも多い「ドランクレイジー」。

世界をまたに掛け、ピラルクやバラマンディなど怪魚系から、ソルト、琵琶湖のバスなどを狙うそのスタイルはまさに酔(ドランク)、狂(クレイジー)。

ロッドブランド「TULALA」とコラボして注目を集めた人気ロッドが、今回リニューアルしてリリースされるようですよ!

 

…と、その前にドランクレイジーのことを少しご紹介!

ドランクレイジーというブランド名に込められた意味とは?

ドランクレイジーという名なんですが、ルアーブランド名で、その由来は「酔のDRUNK」と「狂のCRAZY」が合わさりできた造語なんです!

もう少し詳しく説明すると、神戸を中心として活動していきたリアクレこと上田純也さんが率いる、「リアルクレイジーアングラーズ」と、 日本だけにとどまらず世界中にメンバーを増やしてきた伊勢を本拠地とする「酔いどれ」。

その2つが1997年に、バスフィッシングをコアとしながら、 それぞれが様々なジャンルの釣りを通して 自然に引き合い、数名のメンバーによってルアーブランド「DRANCKRAZY」が立ち上げられたのでした!

 

ちなみにドランクレイジーという名にはさらに深い意味があるんです!

それは代表のリアクレ上田純也さんを中心にメンバーの得意な釣りを生かし、各地の野池、リザーバー、そして琵琶湖など、地域性を大切にしたバスフィッシングに狂ってほしいという思い。
また、日本の海が育てた豊かな環境があるソルトゲームでも、仲間たちとジギング、キャスティングゲームに酔いしれてほしいという願いが込められているんです。

そんな様々なターゲットフィッシュに対するアツい思いに対応できる商品企画、開発を行っているとのことですよ。

ドランクレイジーの代表をつとめる上田純也さん。見ため通り、かなり濃いキャラ。
リアクレ(リアルクレイジーアングラー)というニックネーム通り、クレイジーなほど釣りにアツいアングラーです。

 

GARGOYLE 63/Indie 610

2020年3月末登場予定

バスだけでなく、巨大魚全体がターゲットで4oz.まで背負えるタフネスショートロッド「GARGOYLE 63」と、軽くて強靭な「鞭」のようなブランクスが特長のパワーベイトフィネスロッド「Indie 610」。

ドランクレイジーのロッドの中でも人気の2機種が、グリップの仕様を一新してリリース決定!

 

 

それぞれの特長をご紹介

GARGOYLE 63

2ozクラスのビッグベイトを最も快適に操作できるタフネスロッド「GARGOYLE 63」。

掛けたモンスターバスに主導権を与えず寄せることができるタフさがありながらも、しっかり粘りのあるブランクスが特長で、サイレントアプローチからの、最後にはリアクションでバイトに持ち込む繊細なビッグベイトスタイルが可能になりました。

また、そのタフネスさとは裏腹に10gクラスのルアーも扱え、トッププラグからクランクやバイブレーション等の巻きモノまで幅広く使用できます。

グリップ着脱式を採用し、コンパクトに持ち運びも可能に。
バスだけではなく、海外での巨大魚全体までをターゲットに捉えたタフネスショートロッドです!

Length:6フィート3インチ
Lure:3/8~4oz.
Line:PE5号/フロロ25lb/ナイロン30lb
Price:44,800円(税抜)

 

Indie 610

独特の張りのあるスローテーパーで、強いフィネスロッドがコンセプトの「Indie 610」。

6フィート10インチの操作性と遠投性を両立するバランスで、マイクロガイドにて徹底した軽量化。さらにガイドにはトルザイトリングを採用し驚異の飛距離が出せるのも特長の1つ。

また、鞭のような強いブランクスを持つために、5gから20gまで幅広いバーサタイルロッドでもあり、流れのランカーやハイシーズンの野池フィネス、琵琶湖の繊細なモンスターハンディングに、巻きモノからノーシンカー、ジャーキングにビッグベイトまで幅広く扱えます。

 

Length:6フィート10インチ
Lure:1/4~3/4oz.
Line:6~16lb
Price:44,800円(税抜)

 

モンスターバスをはじめ、世界の怪魚までがターゲット。

バラマンディに、ピラルクに、パプアンバスに…いやぁ、夢が広がりますよね!

発売が待ち遠しいです!