ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

バイトコンディションで使い分けるセオライズ! 来春には太軸バージョンも出ます!

寄稿:伊藤 宗利
秋のバス釣り特集

皆さんこんにちは。伊藤宗利です。

前回、お伝えしたセオライズシリーズの相反するコンセプトを持つ2つのマス鈎、「セオライズハンガーFC-L」と「セオライズハンガーSW-L」について、もう少し解説していきます。

がまかつのバス用フック「セオライズ」シリーズで相反するコンセプトを持つ2つのマスバリに注目

前回のおさらいですが…

セオライズハンガーFC-Lの特徴

FC-Lは、FC=ファストコンタクト、ということで初期掛かりが早くなっています。

ラインとフックポイントを結んだ線上に対し、角度は外向きに開いています。

触れれば刺さるので、ショートバイトが多発するような時、ワームを吐き出した時にどこでも良いから掛かってほしいという状況では、FC-L。

セオライズハンガーSW-Lの特徴

SW-Lは、SW=スウィープの略です。スウィープフッキングに特化させたフックとなっています。

アングルが狭く、初期掛かりはFC-Lに軍配が上がりますが、一度フックポイントが刺されば刺さりこむスピードが速くなります。

FCと比較し口の中での滑りやすさも特徴です。

これはバスがバイトした直後に走るような場合に、口元まで滑ってくれることでフッキングと同時に口元に掛かります。

バイトコンディションでフックセレクト

このようにバイトコンディションによってのフックセレクトをしてみるのもよいと思います。

今、はやりのI字系なんかは、ルアーを追いかけるスピードや水面で反転した時の激しさ、水中に潜っていくスピードなどを見極めて、両方のフックを使い分けてほしいと思います。

ひとつだけ具体的なリグの簡単な工夫例を挙げておきますと、上記の写真。

アイシャッドの3.8インチにブラシガードを刺してズレを防止しています。これは、フックにナノスムースコートが採用されているためズレやすいからです。

来春には太軸のセオライズがNEWアイテムとして!

そして、来春の新製品として…

「THEORIZE ハンガーFC-M」&「THEORIZE ハンガーSW-M」

が新たに発売となります。

そう…太軸var.です。

号数のラインナップもマックス2/0と大きなワームや長いワームにも対応できるラインナップになってます。

詳細は正式に公開となるまで、今しばらくお待ち下さい。

伊藤 宗利(Munetoshi Ito) プロフィール

「がまかつ」のベテランスタッフ。フックに関する知識が豊富なことに加え、自らバストーナメントにも長きに渡って参戦を続ける現場型アングラー。それらの豊富な経験や知識、そして多くのプロスタッフたちからのフィードバックも取り込み、数多くの逸品フックも誕生させている。「がまかつ」バスフックのキーマン。