ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

これが世界のT.NAMIKIのフック選びだ!! 並木敏成直伝オカッパリで釣果に繋がるフックセレクト法

並木敏成直伝フックの黄金比(パート2)では
野池で活躍するバスフック4種を使用 ※使い方にも注目!

登場するフックはD・A・S オフセットFPP オフセットFPP ストレートパワーワッキーガードモノヘビーの4種!それぞれご紹介してみます!

D・A・S OFFSET(D・A・Sオフセット)【ハヤブサ】

フックとワームの一体感が出るゲイプ設定により、鈎の存在を最小限に抑え、またフッキングのパワーロスを極限まで抑えたストレートボトム形状がシャープなフッキング性能を誇ります。

価格:オープン価格

ハヤブサ公式「D・A・Sオフセット」詳細ページはこちら

 

ワーム装着例はこんな感じ!

 

パーツごとの特長はこちら

 

 

 

F・P・P オフセット【ハヤブサ】

「掛ける事を最優先に考えた」ベーシックオフセットフックです。

ワームセッティング時に鈎先が外側を向く形状をしています。

たわみの少ないストレートボトム部がフッキング時のパワーロスを軽減させ、更に貫通性能を向上させるフッ素コーティング仕上げを施し、細部まで突き詰めた仕様になっています。

価格:オープン価格

 

ハヤブサ公式「F・P・P オフセット」詳細ページはこちら

 

パーツごとの特長はこちら

 

 

 

 

FPP ストレート【ハヤブサ】

ストロングスタイルのヘビーカバー専用ストレートフックとして、並木理論に基づいて細部までこだわったフックが、『FPP STRAIGHT(FPP ストレート)』です。

特長は、隙間をなくしたラインアイが結び目のズレによるラインの傷付きやラインブレイクを防止する『ノンストレスアイ』。

そして、ストレートフック最大の弱点であるワームのズレを解消すると同時に、柔らか素材のループ形状がワームへのダメージを最小限に抑え、交換をスムーズにする『ループストッパー』など。

勿論、ストレートフックとして「ゲイプ幅とシャンク長のバランス、軸の太さ、強靭なポイント」など、形状も最大限こだわり抜いた。

まさにストラクチャーに潜むターゲットを狙い撃つための、並木スタイルを突き詰めた渾身の逸品です。

価格:オープン価格

ハヤブサ公式「FPP ストレート」詳細ページはこちら

 

パーツごとの特長はこちら

 

 

 

パワーワッキーガードモノヘビー【ハヤブサ】

ワッキーリグをカバーへ送り込むためにうまれたもう1つのパワーワッキーガード。

通常モデルでは攻めきれなかったエリアを攻略するため、ガード力と耐久性の高いフロロガードを採用し障害物回避性とフッキング性を両立。 10lbs以上のラインを使用する強めのベイトフィネスにも対応したD.AOKにこだわりのアナザーモデルです。

 

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。

 

2 / 2
前へ