ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ハイプレ河川のオカッパリで有効な特選!巻きモノルアー3種と使い方

寄稿:佐竹 陸

佐竹 陸(Riku Satake) プロフィール

岡山県のメジャー都市型河川「倉敷川」のオカッパリバス釣りを得意とするアングラー。パワーゲームから繊細ライトゲームまでこなすテクニシャン。またバス釣り以外にも、アジング、エギング、ロックショアほか、ソルトのオカッパリも大好きなマルチな活動で知られる!EVERGREEN Field staff、ツイッターアカウント名はバーニング佐竹

こんにちは!  普段は岡山県の倉敷川でのバス釣りをメインに活動している佐竹陸  (サタケ リク)です。

季節はすっかり秋本番!
秋といえば、みなさんは何を思い浮かべますか?

スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋などなどたくさん○○の秋という言葉が存在しますが、バスフィッシングにおいて私は “巻きモノの秋” だと思います!

皆さんも 秋は巻きモノが効く! と一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

では、なぜ秋は巻きモノが効くのか? なんですが…。
私は大きく分けて以下の2つ理由があると思っています。

①フィールド全域が適水温になり広範囲にバスが散るため
②適水温になり動きやすくなったバス達が活発にエサを捕食するため

 

まず①のように広範囲にバスが散ってしまっている場合、縦の釣りではなく横の釣りで探る方が効率よく広範囲をチェックできます。
また、②のようにベイトフィッシュなどを狙って活発に捕食するバスには横の動きが効くことが多くあります。

前置きが長くなりましたが、以上が巻きモノが効く理由だと思っています。

というわけで、今回は秋のオカッパリの私の武器となっている巻きモノルアー3つとその使い方をご紹介させていただきたいと思います!

 

秋のオカッパリおすすめリグ
ヘッドシェイカー5inch【エバーグリーン】の1/32ozネイルリグ

まず紹介させていただきたいのは、ヘッドシェイカーのネイルリグです

私が多用しているのは5inch。

 

 

ネイルリグで使用するフックやネイルシンカーの挿入位置などリグセッティングについて

フックはキロフックの#5/0、そして腹側に1/32ozのネイルシンカーを刺すセッティングを愛用しています。

ネイルシンカーを挿入する理由としては、少しウエイトを持たせてあげることで、狙いたいレンジをテンポよく探ることができるからです。

あとウエイテッドフックではなくオフセットフックを使用することによって、ヘッドシェイカーのその名の通りヘッド(頭)を震わせるアクションが、よりフレキシブルな動きとなりバスに最大限アピールすることができると思っています。

 

ヘッドシェイカー5inchのネイルリグの使い方

コツはロッドを立ててスラックだけを巻き取るイメージで巻くこと

さて、そんなヘッドシェイカーのネイルリグの使い方ですが…。

コツは、ロッドを立てて操作すること! です。

私はキャストした後はロッドを立て、大体1時の角度にしてラインスラックを作り、スラックだけを巻き取るイメージで使用し、ルアーが手前まで泳いでくるにつれてロッドを倒していきます。

ラインが細くて軽いとスラックを作りづらい面があるので、メインに使用するのはやや太めの号数、バスザイルマジックハードRの16lbを使っています!

 

またロッドはパワーのあるMH〜Hクラスのロッドがベストマッチだと思います。
スラックでバイトを感じる釣りだと思っているんですが、ロッド自体にパワーがあってもバイトを弾くということは少なく、むしろバイトを感じてスラックを巻き取り、アワセた時に遠距離でもしっかり掛けられるタックルセレクトが重要だと考えています。

 

 

出典:YouTubeチャンネル「EverGreenFishing」

1 / 3
次へ