ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【手軽に何でも釣れる魚種限定解除ルアー】マキッパ7g・5g・3gをライトSWで使ってみたらソッコー五目達成!

寄稿:小野澤 康平

小野澤 康平(Kohei Onozawa) プロフィール

人生100魚種突破!を目標に浜名湖・遠州灘で四季折々あちこちの水辺に出没する釣り好き…というより魚好き。 魚の大小に拘らず、その魚を初めて釣ったかどうかに全力の拘りと楽しみ持っているため、基本的に魚種ごとの自分の最大魚が何㎝なのかほぼ測らないので知らない。 手尺でだいたい○○㎝?というアバウト加減。ローカルコミュニティサイト「はまぞうブログ」にて浜松近郊の釣りを日々発信するアングラー集団【GUNSHA.F.C】のリーダー。通称Ko-hey!  

 

こんにちは!メガバススタッフ小野澤です!

季節もすっかり秋めいて、朝晩は薄いパーカー等がないと軽く身震いするような気温の日も増えてきました。

食欲の秋、運動の秋、読書の秋…秋といえばその過ごしやすさから、人も、もちろん魚も活発になるまさに釣りの秋!

さぁ!そんな季節に満を持して追加発売されたのが、あの魚種限定解除ジグ「MAKIPPA」のライトウェイトモデル!

ライトゲームを楽しむのにピッタリな、7g・5g・3gがついにデビューしたんです!

メガバス公式「MAKIPPA」詳細ページはこちら

 

10月下旬新登場「MAKIPPA 3・5・7g」 実力やいかに…

マキッパは登場以来各地で様々な魚種を捕獲しており、その性能はすでに折り紙つき。

新しく登場するライトウエイトモデルは、そんなMAKIPPAの基本性能はそのままに小さくなってパワーアップしているとのこと!

 

で! ひと足先に使用させていただいたところ…早速、秋名物メッキがバイト連発!

 

ミノーや小型ジグではアクションを織り混ぜないとなかなか反応しないメッキも、ただ巻くだけで好反応!

ブレードの程好い抵抗によりハイスピードで巻いても水面から飛び出しにくく、水面直下を高速リトリーブで攻めることも出来るため、水面でボイルするメッキ相手にもマッチします。

 

高速リトリーブに強い!ということはもちろん…

サバのような青物にもバッチリ対応。

フォールで食わせの間を与えないとイマイチ口を使わないワガママなサバっ子でもやはり巻くだけ…そんなラクしていいのかしら…と思いつつ楽しくて止められません(笑)

 

メッキに次いで秋の名物といえばハゼクラがブームとなっているハゼゲーム。

3gのマキッパを初見した時、一番最初に思い浮かんだターゲットが何故かハゼ。
絶対ハゼに効くよねってことで実釣で狙ってみると…

やっぱり…効いた(笑)

 

ルアーの後ろからワラワラとハゼが団体さんで猛追してきます。

ブレードフックがテールバイトを確実にとらえてくれるので小さなハゼもバッチリフッキング。

メッキや青物とは逆に、ハゼはボトムスレスレをただ巻くだけ!
岸から沖に投げるより、岸と平行に投げ、シャローに多くさしてるハゼをテンポ良く探していくのがキモですね。

岸際狙いなので、多少スタックしても反対側に廻ればポロっと簡単に外れてくれるので気持ち的にも安心です!

1 / 2
次へ