ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

秋に爆発する「落ち鮎パターン」をマーモ加木屋守が徹底解説

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」
寄稿:加木屋 守 マーモ

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

皆さんこんにちは! マーモです♪ いよいよJBトップ50最終戦が行われます。この記事がアップされる頃には結果は出ている感じになりますね(笑)

年間優勝もかかっている大事な一戦なので、気を引き締めて望みたいと思います。

さて! そんな試合真っ最中のマーモなのですが、地元に帰ったらやりたい釣りがあります。

そのやりたい釣りは、これからの時期は落ち鮎パターンの時期に入るので、ディズラ115を使った釣りというのが、僕の中で楽しみな釣り方の1つでもあるんです!

 

ディズラ115【ジャッカル】

品名 サイズ ウエイト フックサイズ 本体価格
DIZZRA 115 115mm 23.5g #1 ¥1,680

ジャッカル公式「ディズラ115」詳細ページはこちら

そこで今回は地元エリアに限らずこれからのシーズンに激ハマりする落ち鮎パターンについて詳しく解説していきたいと思います!

 

落ち鮎パターンでは小型シルエットのスイムベイトが有効

長良川では、これからの時期に絶対に外せないのがスイムベイトを使用する釣り方です。この釣り方が最もハマる季節でもあります。

もちろん長良川だけではなくて去年のこの時期は、五三川でディズラ等のスイムベイトの反応が良くなる季節でもあります。

 

少し水温が低下し、バスが冬に向けて活発に餌を追い出す時期でもあり、ベイトフィッシュを捕食することが多くなる秋は、このようなディズラ115のような小型シルエットのスイムベイトが有効になります。

 

アプローチ方法の解説

基本はバンク際や杭回りなどを表層直下をゆっくりと巻いてくるだけなので、至って簡単な釣り方です。

バスがベイトを追い込みやすい場所を考えて、そういったコースを通してあげることがキモですかね。

 

少しロングキャストをして表層直下を引いてくる場合は、ロッドを立てながら巻いてくるとレンジコントロールをしやすくなりますよ♪

秋のエキサイティングなスイムベイトゲームを皆さんも是非試してみて下さい!!

 

出典:YouTubeチャンネル「JACKALLSTATION」

 

 

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週  日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!