ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ヒュージカスタムのマルチピースモデルで海外遠征!

連載:ガイド前田「琵琶湖デカバス大追跡」

前田純(ガイド前田)(Maeda Jun) プロフィール

ボートハウスラッシュをベースとしてマザーレイクでドデスカンサイズを追い求める、ガイド前田の愛称で親しまれる超ベテランガイド。スポンサーはデプス、ダイワ、次元、ハヤブサ、レインズ、ホンデックス、ボートハウスラッシュ、フィッシングマンボウなど。愛知出身・滋賀在住。

みなさんどーも、ガイド前田です。ビシバシ釣っちゃってますか?
琵琶湖は相変わらずの…って、春からずっと「相変わらず」って言ってるような気がしますが…。季節が進もうが状況変化が起ころうが、あまり変化のない琵琶湖です。
ということで、今回は先日の海外釣行の模様をお伝えします!

今回も恒例の常夏の南国へ!
持って行ったタックルは、マルチピースモデルのヒュージカスタム H2N-64Rと、同じくスピニングのマルチピースモデルのヒュージカスタムHS1N-76Rの2本!リールはDAIWAのZ2020ジリオンHD。その両方にDAIWAのブレイデッドライン(PEライン)6号を巻いて、リーダーはフロロ60ポンド。

まず、海外に行くのにまぁまぁ面倒なのがロッドですよね~。スーツケースに手荷物、さらにロッドを入れたバズーカ…って持ち運びが大変です。バズーカに梱包するのも手間だし、オーバーサイズバゲージのコーナーに持って行って預けたり引き取ったりするのも面倒だし…。

ヒュージカスタムH2N-64R

※画像はイメージです

でも、このヒュージカスタムのマルチピースモデルシリーズはスーツケースに入っちゃうのでとても便利で重宝します!
それに、なんてたってヒュージカスタム!世界の怪魚用に作られてるので、強度的にも超安心!
普段は3ピースのヒュージカスタム H2N-64Rのマルチピースを持って行くのですが、今回は4ピースのスピニングのヒュージカスタムHS1N-76Rも追加して2本体制!

ヒュージカスタムHS1N-76R

ただ、リールはZ2020を付けて、ベイトロッドとして使いました!このスピニングのヒュージカスタムHS1N-76R、ガイドが小さいのでトリガーがないことが気にならなければ、普通にベイトタックルとして使うことができましたよ~!

ヒュージカスタムHS1N-76Rのガイド

今回は訪問先が雨季ということもあり、大雨で予定が狂いましたが、バラマンディーをはじめ、キャットフィッシュ(ナマズ)系のヒュージ(巨大)な魚たちとのファイトを楽しんできました。

画像を見てもらうとその破壊力が伝わると思うのですが、フロントフックしか付けていないブルドーズブルシューターが引きちぎれそうになるくらいの狂暴な魚たち!リヤフックに掛かって、とかならまだ分かりますが、リヤフックなしのフロントフックだけで画像のような有り様。

しかし、そんな狂暴な魚たちでもマルチピースのヒュージカスタムで余裕でしたよ~!

前述したように、今回は雨季でやりたい釣りができませんでしたが、次回はもっと狂暴な怪魚に挑んで来ようと企んでいます!


まだまだ書きたいことは山ほどありますがこれくらいにして、今から琵琶湖北湖でオタマデラックスを狙ってきます!
それではまた!