ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ガチ釣りロケで丹後半島ティップラン

連載:池内修次の毎日イカ曜日♪

皆さん、こんにちは。デュエルの池内です。今週も、アオリイカ情報はもちろんのこと、デュエル &ヨーヅリ、ゼスタなどの最新情報をお伝えしたいと思いますので宜しくお願いします!

ガチ釣りロケで丹後半島ティップラン

先日、全国放送の「ガチ釣り」のロケに日本海の丹後半島に行ってきた時のことです。

正直この時期なので余裕の取材になると思って当日の朝を迎え、オープニングを撮った後、沖に向けて出航。

第1ポイントに着き早速取材開始したのですが、一向にアタリすらない状態。

当日はティップランでのアオリイカ狙い。

第1ポイントから風の吹き方、潮の流れ方、天候、潮色などは全然問題なし。

ただ、船長情報では水温が今年は高い状態が続いているせいで、青物の活性がすこぶる高いと言われていた通りに、エギにまとわりついてくる魚が凄すぎる。

多分エソかフグであろうアタリが頻繁に出るが、イカのアタリは一向にこない。

そんな緊張感が続く状態を打破してくれたのは、DUELテスター上野氏!

やる時はやってくれます。

私も負けじと集中してアタリを待っていると、気持ちのいいアタリが出たのですかさずアワセを決めゲットできました。

海水温が落ち着く頃がよさげ!?

ですが、その当日、本州の反対側の和歌山で釣りをしていたメンバーも、イカからの反応は本当に少なかったと連絡が入りました。

私が思うには、海水温が一年のうち1番高いこの時期なので、青物の反応が凄すぎるのではないかと思います。

もう少し落ち着いた時期か、青物の動きが鈍くなる夜の釣りの方がアオリイカは良いのではと思います。

この記事を書いた後から和歌山に向けて調査してきますので、来週はその時の様子をお伝えしたいと思います。

ここ最近は、イベントばかりだったので現場調査をじっくりしてきたいと思います。

では、また来週のイカ曜日もお楽しみにね〜!

タックルデータ

ロッド
アサルト タイプX81(ゼスタ)

リール
18イグジスト LT 2500S-C(ダイワ)、ハンドルWING92フィーノ+ノブ(リブレ)

ライン
ハードコア アーマードF+ 0.6号(デュエル)

リーダー
TBカーボンエギリーダー 2号(デュエル)

スナップ
ナイススナップ2号(ヨーヅリ)

エギ
EZ-Q キャスト喰わせ3.5号(デュエル)

ほか、デュエルフローティングベストゲーム、ストリームトレイル防水バッグ33L

池内 修次 (Shuji Ikeuchi) プロフィール

デュエルプロスタッフで、エギング界のスペシャリストの1人。エギング釣行回数は年間150日以上。 中層エギングをメインに多彩なシャクリパターンを使いこなし、両眼2.0というおっそろしいまでの視力でサイトフィッシングも得意とする、笑顔がステキな寝ても覚めてもエギング! なアツいオトコ。 WEB動画番組「スマイルエギング」にも出演中 https://www.youtube.com/watch?v=fXWFLBamzkQ https://www.lurenewsr.com/32671/

DUEL

1967年創業の老舗! 福岡県福岡市を拠点とするバス釣り&SW各魚種向けのルアー、エギ、フィッシングライン中心に手掛ける釣り具の総合メーカー。 デュエルの人気主要ブランドは3つ! 国内向けのルアーと釣り糸を主に扱う「デュエル(DUEL)」 主にイカ釣り製品と海外向けルアーを中心に扱う「ヨーヅリ(YO-ZURI)」 ラインやルアーを主に扱う「ハードコア(HARDCORE:釣糸、ルアー)」