ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

並木敏成プロデュースのバス釣り用フック関連アイテム全9種を紹介【オフセットフック・ジグヘッド、トレーラーフックなど】

バス釣りのタックルの中で、最重要パーツといえるのが、バスと釣り人が最初にコンタクトするパーツ「フック」ではないでしょうか?

そんな重要パーツ「バス釣り用フック」を数多く手掛けているのが老舗・釣り針メーカーであるハヤブサ!

ちなみにハヤブサのバスフックは並木敏成さん、川村光大郎さん、伊豫部健さん、青木大介さんなど、経験豊富なプロフェッショナルアングラーが監修をつとめていることもあって、人気を集めています。

 

 

 

そんな中、今回は日本に限らずアメリカのトーナメントでも活躍している並木敏成さん監修のハヤブサのバス釣り用ワームフックをご紹介します!

並木 敏成(Toshinari Namiki) プロフィール

1966年10月17日生まれ、神奈川県出身、東京都在住、血液型A型 ●1990年東京水産大学(現 東京海洋大学)卒業 ●1990-1992年ダイワ精工在籍 ●1991-1994年JBトーナメント参戦、JB在籍期間内に最多優勝回数および最多入賞(5位以内)回数を記録 ●1995-2000年アメリカにわたりB.A.S.S.トーナメントに参戦、1997年プロサーキット(TOP100)から初の外国人(日本人としてももちろん初)のバスマスターズクラシックに出場を果たす●2000年O.S.P設立 ●2003-2006年FLWトーナメントに参戦 ●2005年FLWツアートーナメント年間2位 ●2003&2005&2006年FLWチャンピオンシップクオリファイ ●2006年帰国、日本を中心にバスフィッシングの普及&啓蒙活動に尽力。 著書、出演DVD多数、TV番組「情熱大陸」出演。 ●2018年再びアメリカのトーナメントに参戦中

 

まずはオフセットフックの紹介から!

T・N・S オフセット【ハヤブサ】

並木敏成プロデュースのオフセットフックです。

10年先でも問題なく使用できる高い基本性能をカタチにしたスーパースタンダードモデルです。

価格:オープン価格

ハヤブサ公式「T・N・S オフセット」詳細ページはこちら

 

パーツごとの特長はこちら

○ズレを抑えワームをしっかりホールドするZ型クランク。

○さまざまなワームに対応する豊富なサイズラインナップ。

○貫通性能がアップするフッ素コーティング仕様。

 

ワーム装着例

 

 

F・P・P オフセット【ハヤブサ】

「掛ける事を最優先に考えた」ベーシックオフセットフックです。

ワームセッティング時に鈎先が外側を向く形状をしています。

たわみの少ないストレートボトム部がフッキング時のパワーロスを軽減させ、更に貫通性能を向上させるフッ素コーティング仕上げを施し、細部まで突き詰めた仕様になっています。

価格:オープン価格

 

ハヤブサ公式「F・P・P オフセット」詳細ページはこちら

 

パーツごとの特長はこちら

 

T・N・S オフセットヘビーデューティー【ハヤブサ】

高い性能でオフセットフィッシングの核となる、TNSオフセットのヘビーワイヤーモデルです。

PE結びやパワーフィッシングに対応するヘビーワイヤー仕様になっており、どんなワームにも対応するオーソドックスな形状が特長です。

貫通力もアップするフッ素コーティング仕様です。

価格:オープン価格

ハヤブサ公式「T・N・S オフセットヘビーデューティー」詳細ページはこちら

 

パーツごとの特長はこちら

パワーステージ【ハヤブサ】

続いては並木敏成渾身の深掛使仕様である打撃系オフセットフックパワーステージのご紹介!

強度に関しては、凄まじく、カバーごとランディングしてしまうほどのストロングワイヤーが搭載されており、ワーム前後をしっかりホールドし、根掛りやワームのズレを軽減されるフック形状が持ち味です。

 

 

WRM951【ハヤブサ】

並木敏成プロの長年の理想を形にしたスーパーフックです。

特長的なクランク部は、ワームを確実にホールドしゴミ等を拾いにくい設計となっています。

深いゲイプは確実にフックアップに持ち込む為の並木プロのこだわりです。

価格:オープン価格

ハヤブサ公式「WRM951【ハヤブサ】」詳細ページはこちら

 

パーツごとの特長はこちら

 

1 / 3
次へ