ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

これからの季節「スズメバチの巣」に近づかないように注意!

寄稿:鈴木基悦
秋のバス釣り特集

釣りをするには快適な秋シーズンがきましたよね!

私はあちこちでオカッパリに出かけています!

そんな楽しい時期なのですが、注意してほしいことがあります!

秋の釣行で注意したいのが、ズバリ「スズメバチ」。

10~11月頃は特に要注意で、巣作りシーズンのため気が立っており、うかつに近づくと襲ってきます。

特に本気の威嚇モードに入った時ははカチカチと歯を鳴らしながら襲ってきますので、その音が聞こえた場合はすぐに避難しましょう。

釣りに行く際は可能な限り白い服装を心掛け、黒い服はなるべく避けるようにしましょう。ちなみに白黒のボーダー柄の上着とかは最悪です。また香水なども危険です。

実をいうと僕自身、昔、淡路島の野池に行った時に怖い思いをしました!

その時はヤブコギをして池の対岸側まで進入して釣りをし、さて帰ろうと思ったら、スズメバチの大群が渦を巻いていて帰れないという経験をしました。

どうやらヤブコギの道中にスズメバチの巣があったようで、そこを僕が通ったことで刺激してしまい警戒モードに入ったようです。
運悪く黒い服装だったこともあってか、身をかがめて通ろうとしても近づくと威嚇してくるので通れず、池を泳いで対岸まで帰ろうかと本気で思いました。

しかし元水泳部とはいえ11月の野池を泳いで渡るのも危険なので、陽が暮れるのを待ってほふく前進でなんとか突破したのでした。

あの時は生きた心地がしなかった・・・。

安全あっての楽しい釣行です。電波が通じない山中に行く場合などは特に注意してくださいね。

 

 

鈴木 基悦(Motoyoshi Suzuki) プロフィール

通称「もっくん」。和歌山県のメジャー河川「紀ノ川(きのかわ)」がホームグラウンド。長年にわたりほぼ毎週、紀ノ川でオカッパリを続け、紀ノ川で2度のロクマル捕獲の実績アリ。また遠征釣行も大好きで、関東・霞ヶ浦遠征(直近の目標はカスミでの50cmUP捕獲)と、淡路島~四国遠征を毎年欠かさず行っている。最近は淀川(大阪府)への通い込みも行うなど、活動範囲を広げている。得意ルアー・テクニックはキラーズベイトのスローローリングとカブラタのネコリグ。 またロッドビルダーとしても活躍中で、DESIGNOカスタムパーツを使用したオリジナルロッド「ジェノクロス」を製作。今まで製作したロッド本数は30本を超える。ガンクラフトフィールドスタッフ/DESIGNOカスタムパーツモニター