ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

オカッパリ秋バスに超効果的「ペグ無しライトテキサス」攻めのヒミツ

寄稿:青山 右京
秋のバス釣り特集

青山 右京(Ukyo Aoyama) プロフィール

岐阜県の五三川をメインに地元野池や河川をおかっぱりで釣り歩く。ストロングスタイルのカバーゲームが信条で、01ジグやドライブシャッドがフェイバリット。日々、時間があればフィールドに行きバスフィッシングを追求する、将来有望な若手アングラー♪

こんにちは! 青山右京です!

普段私は岐阜県の五三川(ごさんがわ)をメインフィールドとして日々釣りをしていますが、今回は五三川でこれからの時季に有効的な釣り方や、フィールド状況などを詳しく解説していきます!

 

広範囲に散ったバスに凄く効果的! ドライブスティック3.5in【O.S.P】

9月中盤に入ってから水温の低下と共にバスも活性が上がり、活発に動くようになってきました。

そこで、その様な活性の高いバスに効果的で、五三川でハマりにハマっている釣り方があるんです。

それは、ドライブスティック3.5inのライトテキサスリグです。

サイズ カラー 数量 本体価格
3in・3.5in・4.5in・6in 50 10(3in)・8(3.5in)・7(4.5in)・6(6in) 780円(税抜)

O.S.P公式「ドライブスティック」詳細ページはこちら

 

 

 

ドライブスティックには、3in/3.5in/4.5in/6inの全4サイズあるんですが、その中で使用してみた結果、3.5inが1番ベストでした。

五三川のメインベイトは甲殻類はもちろんですが、主にイナッコを捕食している場合が多いです。

特にこの時季に関しては、ベイトを追い回す季節でもあるので、ボイルが起きやすくなり、水温が下がると魚は沖の方へ広範囲に散る傾向にあります。

その様な場合にドライブスティック3.5inのライトテキサスリグが効果的で、2.7g〜3.5gの軽めのシンカーを使用します。

 

シンカー止めは不要! ペグ無しでナチュラルな動きを演出

この使い方の1番のキーポイントはペグ無し(シンカーストッパー無し)にして、シンカーをフリーの状態にすることです。

シンカーをフリーにする理由としてリアクションの釣りと喰わせの釣りの両方が出来てしまうんです。

 

アクション方法は、ロッドを「パッパンッ」とシャクリ上げると、ベイトが逃げ惑うような素早いアクションを起こしてくれます。

シンカーがボトムに着底してからは、ノーシンカーリグを使用している様なアクションを起こしてくれます。

 

なぜドライブスティックをセレクトしているかを解説すると、ドライブスティックはノーシンカーのような状態になるとボディをロールさせながらテールが水を噛み、まさにベイトフィッシュが泳いでいる姿に化け、自発的なアクションを起こしてくれるのです。

 

1 / 2
次へ