ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【エギング】ラグゼEGRRとエヴォリッジの特徴を解説

寄稿:河野 誠
エギング&イカメタル特集

皆さん、こんにちは。ラグゼスタッフの河野誠です。

今回はラグゼのエギングロッド「ラグゼEGRR(イージーダブルアール)」とエギ「エヴォリッジ」について、使用感などをお伝えしたいと思います。

まずはラグゼEGRR。

出典:がまかつ

過去のラグゼ・エギングロッドを3シリーズほど使ってきましたが、今回のEGRRは…スゴい(笑)!

軽量化、パワー、高感度、すべてを凝縮した最高峰のロッドに仕上がっています!

ブランクスのメインマテリアルにはトレカT1100Gが使われていて、ボトムタッチやイカからのお触りなどが、タフなコンディションでも明確に伝えてくれます。

全7機種ありますが、自重としても100gを切っており(シリーズ7機種で83~95g)、軽さはもちろんなのですが、バランスがよく軽さを体で感じるようなシャープな操作感が得られます。

イカがエギを抱いていくのが分かる

その中でもS79MH +ブランクスのパワースペックのロッドをメインで使っていましたが、穂先の繊細なsolidタイプも武器として使用してます。

違和感なくエギを抱えて持っていく様子もよく分かります。

テンションフォール時には、エギのウェイトで曲がっていた穂先が戻る「イカがエギを抱いた瞬間」も丸見えといった感じです!

そして、非常に軽くシャープなロッドながら、キロクラスのイカも抜き上げることのできる安心なロッドに仕上がっています。

軽い力でシャープにダート

続いてはエヴォリッジ

出典:がまかつ

エヴォリッジシリーズは、独自のニードルノーズで軽い力でシャープでキレのあるダートを見せてくれます。

また、ベーシックタイプで21gとやや重めの設定のため飛距離が非常に出ます。

それだけでなく、ビギナーの方なら、このウェイトをしっかり感じながらフォールさせることができるのが魅力で、扱いやすいエギでもあります。

その中でも2種類のデザイン、1種類のカラーに携わりました。

ブルータイガー、イソベラ、ライムグリーンです、クリアベースにナチュラル系と、視認性のあるチャート系のエギになってます!

要チェックお願いします!

河野 誠(Makoto Kono) プロフィール

宮崎県在住のエギンガー。愛称は「まこっちゃん」。オカッパリでのサイト攻略を得意とするだけでなく、甑島などでのデカイカハントも。各場所を歩きながらイカのいそうなポイントを発見する力はバツグン。

河野誠さんによる実釣も、ラグゼムービーよりご覧ください。