ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【リビルド】天龍「スピードスティック」プロジェクト

天龍の「スピードスティック」プロジェクト。

出典:天龍

ルアーニュースRでも何度か取り上げているスピードスティック。

スピードスティックと聞いて、「おぉっ」となる方もいるかと思います。

現在、天龍で進めているのがスピードスティックを現代版に「リビルド」していく作業。

フィッシングショーで展示されていた試作品を目にした人も多かったはず

天龍スタッフブログでは、スピードスティックをもう一度作る…というプロジェクト発足のきっかけなど、プロジェクトについての発信がなされています。

以下は天龍スタッフブログにリンクしています。

気になる方はチェック!

■天龍スタッフブログ プロジェクト1『発足』

■天龍スタッフブログ プロジェクト2『リビルド』

天龍スタッフブログは、スピードスティックに限らず、さまざまなロッドの開発の裏側…釣りに対する考え方などが垣間見られて、読み物として面白いんですよね。隠れファンです(笑)。

どんな新生スピードスティックができるのか、楽しみです!

■関連記事

「スピードスティック」プロジェクト、その経緯と想い【特別寄稿by天龍・舟木雄一】

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。