ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今江克隆のルアーニュースクラブR 第966回「気になるモノだらけ!NEWアイテム開発進行状況」の巻

連載:今江克隆のルアーニュースクラブR

ロデオライド・リバイバー「三原直之モデル」の最新情報

さて今週は現在、「イマカツ(IMAKATSU)」で進行中の2019年後半~そして2020年新春に掛けての開発進行状況と最新情報をこの場を借りてお届けしよう。

まずは現在、各方面から多数の問い合わせを頂いているバスロッド「ロデオライド・リバイバー『三原直之モデル2機種』」のリリースについての最新情報。

本格バスロッド初の3ピース構造の「アンセム」。 一見、7フィート級に見間違える6フィート1インチ。 ビッグフィッシュを獲るためだけの超攻撃型サイトスピニングロッドだ

当初、イマカツHPのリニューアルに合わせ9月中旬にビッグベイトロッド「バトルクライ」、サイトフィッシングロッド「アンセム」の2機機種をネット限定販売の予定だったが、史上初の3ピーストーナメントスピニング「アンセム」の予想以上の生産難易度に仕上がりが遅れに遅れてます。

本来は9月中には何とかリリースしたかったのだが、10月の頭にはTOP50最終戦もあること、販売後の品質保障、納期短縮を考慮し、現在のところ10月1週目(予定)のイマカツHP全面リニューアルと同時に特設ページがオープン。そこで予約受付開始。10月中旬~下旬初回ロットを予約受付順に発送になる予定。

初回入荷数量は極めて少ないので、予約受付で初回リリース分を入手できなかった場合は、次回入荷は約1~1ヵ月後に予約順に順次発送される予定です。

なお、気になる価格は両機種共に6万円台の予定です。

ロデオライド・リバイバー三原直之モデル2機種の詳細解説は…

Battle Cry

Anthem

にて、プレ詳細解説されていますので、興味のある方はご一読下さい。

ついに三原直之の右腕と左腕が10月デビュー。 予約受付開始は10月1週目、イマカツNEWホームページ特設コーナーにて

1 / 4
次へ