ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

伊東由樹のメガトレンド最前線!「マキッパ」遠州漁法のDNAを継承する秘伝の漁具【 誕生秘話】

連載:伊東由樹「メガトレンド最前線!」

伊東由樹(YUKI ITO ) プロフィール

30数年にわたり世界各地のメディアで驚異的釣果を叩きだしてきた伝説のカリスマアングラー。 アーロン・マーティンスをはじめ、数々のトッププロを育て上げ、エドウィン・エヴァース、クリス・ザルディン擁するトーナメントプロチーム「メガバスSTW」の初代監督を務め、3度目のバスマスタークラシック制覇とAOY(アングラーオブザイヤー)獲得に貢献。 米国法人MEGABASS of America Inc.初代CEOを務めた。現アイティオーエンジニアリング・フィッシングアドバンスドテクノロジー最高技術顧問。 ㈶ジャパングッドデザインアワードでは、200作品を超えるアワード受賞作品をプロデュースするフィッシング/スポーツ用品カテゴリー最多受賞デザイナー。 国際的に最も権威と歴史あるIFデザインアワード(ドイツ・ハノーバー)では、日本人初の快挙となる2018-19年連続受賞デザイナーとして、メガバス、アピア、I×I(アイバイアイ)をはじめ、数々のフィッシングブランドの名作を手掛けている。 メガバス㈱グループ創業者。

投げて巻くだけで釣れる! 人気の「マキッパ」誕生秘話

遠州灘を目前に控えた浜名湖の実家は、漁業や遊漁の釣り宿を営んでいたことから、私は子供の頃から海の魚を相手に育った。

いわばメガバスのDNAには、そんな私の生粋のソルトの原体験が根深く刻み込まれている。

そのためか、本社ADチームのアラマキをはじめ、トップガンの岡本、カゲロウの久保田、サーフの遠藤や小野澤、タコーレの木下、フランスディビジョンのメガバススタッフなど、メガバス・ファクトリーチームには海のスペシャリストたちが数多く在籍する。

日本式の疑似餌・漁具がルーツ

私の場合、実家の生業で子供の頃から和製疑似餌を使う漁に慣れ親しんできたことから、はじめて西洋式のルアーフィッシングに直面したとき、どこか懐疑的だった。

むしろ、日本式の擬餌針・漁具の方が、魚食の本能に訴えるパフォーマンスに特化しており、合理的な釣り具として表現されているという点で、レジャー的要素が盛り込まれたルアーフィッシングを凌駕していると思っていたほどだ。

なので、今からおよそ30数年前のメガバスファクトリーから最初にデリバリーされた製品は、V-FLAT「スピナーベイト」である。
漁具で育ってきた私にとって最も馴染むジャンルが、ブレードを装着した鉛のルアーだったのだ。

V-FLAT 誕生の詳細→こちら

 

和製漁具をヒントに生まれた新型漁具「マキッパ」

あれから日本のルアーフィッシングは加速度的に進化し、ルアー対象魚種の研究も進展した。

メガバスでは、現在まで世界50か国以上の拠点オーダーに対応し、全世界の多種多様な魚種を研究対象に製品開発を行ってきている。

再び日本式の和製漁具が秘めた高い釣獲力に着目し研究を重ねた結果、とてもシンプルで合理的な釣果をもたらす新型漁具、「マキッパ」が誕生した。

 

 

メガバス公式「マキッパ」詳細ページはこちら

 

マキッパのアクション動画

出典:YouTube Megabass Channel

 

1 / 2
次へ