ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

陸っぱりタチウオのシーズン到来!スマートでクールなライトテンヤ収納方法をご紹介!

大阪湾もいよいよ陸っぱりタチウオシーズンが到来!

今か今かと心待ちにしていたアングラーも多いのではないでしょうか。秋の風物詩ですからね。

陸っぱりタチウオといえば、最近ではダートで誘うワインド釣法に加え、メタルジグやメタルバイブ、ライトテンヤなるジャンルも人気です。

ワームを付けてただゆっくりと巻くだけ、簡単な釣り方です。しかも、時合が終わればエサを付けて釣り続けることも可能。

そんなライトテンヤ熱が高まっている陸っぱりタチウオですが、先日ロケに行った際に、ナイスな収納方法を見せていただきましたので、みなさんにもご紹介したいと思います!

それがコチラ!

このケースは、アブガルシアさんの「Abu ルアーケース リバーシブル100」という商品。

明邦化学工業さんのルアーケース「リバーシブル100」の別注カラーです。

中仕切りはオリーブグリーン、フタ部分はスモークグレーのミリタリーカラーで、超クールな感じ!

オリジナルの明邦化学工業さんの商品はコチラ。

スペースを効率的に活用できる、両面収納タイプのケースです。

サイズ感はこんな感じです。

エギなら100mmクラス、メタルジグなら40gクラス、ミノーなら90mmクラスが美しく収納できるサイズです。

これにライトテンヤを収納されていました。

取り出しやすくて、とってスマート!裏表で合計14個のテンヤを収納可能です。

ちなみに、収納されているライトテンヤは、三宅商店さんの「タッチポン陸(おか)」。

セットしているワームは、バークレイさんの味と匂いがマックスでおなじみ「パワーベイト・マックスセント」シリーズの「フラットノーズミノー4インチ」です。

ロケでは、指4本級の良型タチウオがキャッチできましたよ!

実釣の模様はYouTubeチャンネルのLureNews.TVにて動画公開中!

 

ということで、陸っぱりタチウオのベストシーズン。ぜひスマートでクールな収納でライトテンヤゲームを楽しまれてはいかがでしょうか!

関連記事

【アブガルシア×MEIHOコラボ】アブの別注ルアーケースシリーズが激クール【全種類紹介】

記者おすすめ! 両面収納できるMEIHOリバーシブルシリーズ【トライアングル構造がミソ】現在9種あり