ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ショア侍JOEこと湯川マサタカさんがシマノインストラクターに

image(2)

エギンガー・湯川マサタカさん。

紀伊半島一帯をホームグランドに、ショアにこだわったエギングを展開。

繊細かつ大胆な数々のテクニックを駆使し、侍のごとく静かに的確にアオリイカを仕留めていくアングラー。

スマートなルックス、研ぎ澄まされたセンスとズバ抜けた体力の持ち主で、大変人気のあるエギンガーの1人。

そんな湯川さんは2016年7月に、10年間サポートを受け続けたメーカー・ブリーデンを卒業。

次のサポートメーカーはどこになるかと話題になっていましたが、12月20日(火)に、本人のブログで発表されていました。

お知らせ。
本日12月21日をもちまして正式にシマノインストラクターとして契約させて頂きました。

ブリーデンを卒業してから約半年、有難いことにいくつかのメーカー様からお声をかけて頂きました。

当初はフリーで好きなものを好きなように使いながらというスタンスを考えておりましたが、お話を頂いたメーカー様などと、いろいろ会わせて頂く中で、シマノならこれからも本気の物作りをさせてもらえる。

アクティブにオシャレにカッコよく可愛く腹の底から笑える釣りを突き詰めていける土台があると感じ決断させてもらいました。

エギンガーとしての第二幕スタートで不安も少しありますが、釣り人として自分が居たんだという証を残すこと、そして安全と思いっきり楽しめる釣りを広めること、エギングをもっとたくさんの人に知ってもらいエギングがより盛り上がるようにやって行きたいとおもいます。

今後とも皆様よろしくお願い致しますm(__)m

出典:ブログ・ショア侍JOE

本日12月21日(水)付けでシマノインストラクターとして契約。

2017年1月の横浜、2月の大阪のフィッシングショーに参加されるそうです。

これからの活躍に期待したいですね。