ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【OSP秋の新作を詳しく紹介】金型リニューアルで進化した阿修羅IIにフローティングモデルが更に登場!

OSPの定番ジャークベイトといえば「阿修羅」。

このルアーにお世話になった方も多いはず!

そんな阿修羅、金型の寿命が尽きてしまったのです。

ところが、新しい金型となって阿修羅Ⅱとして不死鳥のごとく舞い戻ってきました。

9月にはサスペンドモデルが。

9月に登場した「ASURA O.S.P II 925 SP」

そして10月からはフローティングモデルも登場します!

 

ASURA O.S.P II 925 F

ということで、フローティングモデルを早速詳しく紹介しましょう!

 

2019年10月上旬登場予定

サイズ:92.5mm

ウエイト:7.8g

タイプ:フローティング

フックサイズ:#8

カラー:全10色

価格:1,700円(税抜)

 

どんなところが変わった!?

ところで、どんなところがオリジナルモデルとⅡは変わったのでしょうか。引き継いでいる要素、変更点などを挙げてみます。

■引き継いだ要素
フックアイが横方向。針先は左右均等に配置され、3本フックが絡まずフッキングよし。

■変更点①・フラットに
ボディ断面を丸ではなく四角に! 搭載ウエイトのキャパシティが増えました。同時にフラット面はフラッシング効果を生んで、バイトを増加させます。

■変更点②・ローライドアイ
細身ボディかつローライドアイ開発により、移動ウエイトが尾部まで転動する仕様に。というワケで飛距離がUP。移動重心にタングステンボールを採用したのも、飛距離アップを助けてくれています。

■変更点③・一体成型リップ
後差しタイプの旧モデルと異なり、一体成型リップに。差す部分のボディの肉厚が必要なくなったため、前側の空気室が広がりました(フロント部は50%の軽量化)。浮き姿勢は、オリジナルと比較すると水平寄りとなり、直進性アップ。

旧モデル(左)とのリップ比較

大まかにそんな感じです。

そしてリップ形状も自体も変更。

阿修羅Ⅱは旧モデルと比較し、1mm短く角度を2度寝かせていながらも、横幅はワイドなパワーリップ。

低重心板状ウェイトの採用もあって、水を逃がさずに、瞬間的なスピードのあるジャークと抑えの利いたタイトなタダ巻きアクションを生み出します。

 

阿修羅Ⅱフローティングのアクション

フローティングジャークベイトを使う場面といえば…

・ストラクチャーやウィード周りで浮かせてかわしたい
・低水温、アフタースポーンの低活性時に、ジャークで気付かせて一瞬ステイ、そして水面への浮上アクションでバイトを狙う

といった感じでしょうか。

そうした状況でも使いやすい、浮きスピードはバスが追うのを諦めることのない早すぎないスピード。そうでありながらアングラーが浮上を待てるスピードに設定してあります(メンタル的にコレ大事)。

水面に浮かぶ虫などを捕食する小魚をイメージするルアーアクションとなっています。

 

カラーバリエーションの紹介

続いてカラーバリエーションについて順番に紹介しています!

黒金オレンジベリー

 

マットタイガー

 

チャートブラックバック

 

セクシーシャッドVer.2

 

ジェードシャッド

 

黒金サイトスペシャル

 

T.N.サイトスペシャル

 

クラウン

 

チャートバックシャイナー

 

リアルワカサギVer.2

発売が待ち遠しいですね!

1 / 2
次へ