ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【OSPから登場予定の新作スイムジグを詳しく解説】「ピックアップアングラーズ」

寄稿:浦川 正則

浦川 正則(Masanori Urakawa) プロフィール

旧吉野川水系をメインフィールドとし、オカッパリ、ボートを問わない自由なスタイルで年間約50本の50アップを仕留めるデカバスハンター。 四国エリアの名だたるアングラーがその実力を認め、ついた呼び名が「師範代」という浦川。 類まれなテクニックでメジャーフィールドを攻略するスーパーマルチアングラー。

全国各地にいる釣りウマアングラー。

そんな各地でバスを釣りまくりなアングラー1人ひとりにフォーカスを当てて紹介していくのがこの【ピックアップアングラーズ】。

今回は徳島県で活躍する浦川正則(うらかわまさのり)さんにお話を聞き、メインにしているフィールドパターンや良く使用するルアー等を解説してもらいましたので紹介していきます!

 

これからの時季にハマるルアーとは?

こんにちは!浦川正則(うらかわまさのり)です!

今回は私が主にメインとしている、旧吉野川や徳島県の河川エリアで欠かせないルアーやその使い方等について解説していきます!

これからの時季、旧吉野川等の河川は水温も20℃前半くらいまで下がりますので、横方向のルアーへの反応が上がってきます。

その様な状況の中、毎年11月中旬くらいまで反応が良くて、オススメしたいのがスイムジグの釣りなんです。

今年は10月に発売になるOSPのスイムジグ、スリッパ-ですでに良く釣れています。

 

スリッパ-【OSP】

2019年10月登場予定

OSP公式「スリッパー」詳細ページはこちら

 

スリッパーのカラーバリエはこちら!

ブラック
ホワイトシャイナー
テイスティシャッド
ナチュラルシャッド
アイムヒア
ダークグリパン
サンフィッシュギル
キラーゴールド

スリッパ-の特長や使い方について解説

スリッパ-の特長は、ヘビーカバー対応型の、しっかりとしたガードを備えている点なんです。

4タイプのウエイト全て共通で、1本が太い造りになっているブラシガードが15本搭載されています。

より濃いカバーではノーマルの状態で、ライトなカバーやウィードでは少しブラシガードをカットして使っています。

オープンウォーターでも勿論釣れるんですが、性能をフルに発揮するには、根掛かりしそうなストラクチャーをタイトにトレースすることをオススメします。

 

そんなスリッパーにオススメのトレーラーがドライブシャッドなんです。

 

ドライブシャッド【OSP】

OSP公式「ドライブシャッド」詳細ページはこちら

 

状況によって4.5inと4inを使い分けると更に効果的です。

 

スリッパーにマッチするタックルを紹介!

使用タックルは、硬いブラシガードの為7ft前後のMH~Hアクションロッドがオススメです。

河川であれば、フィーディングフラットの上に何かしらのストラクチャーがあればベストかと思います。

是非皆さんもこれからの時季、スリッパーとドライブシャッドの組み合わせでイイ釣りをして下さいね!

1 / 2
次へ