ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

野池やリザーバーで反応良好な超リアル系セミルアーや羽根モノなどを紹介

寄稿:一拓也

一 拓也(Takuya Hajime) プロフィール

大阪市内を流れる淀川(よどがわ)がホームグラウンド。淀川以外にも、気になる野池や川などをヒマさえあればランガンチェックするのが日課なオカッパリ好きアングラー。

こんにちは。はじめちゃんねるの一 拓也(はじめたくや)です!

さて、最近の私は相変わらず、いろんなオカッパリフィールドをチェックして回っています。

状況的には野池やリザーバーも少し秋っぽい季節を感じることも、まだまだ水温も高めで、羽根モノなどを中心とした表層攻めにイイ反応を見せてくれています。

というわけで、今回は今まさに野池やリザーバーなどで効果的な羽根モノや虫系ルアーの釣りや、そのフォローの釣りなどをまとめて紹介したいと思います!

 

 

小さい虫を演出するのに欠かせない生蝉(なまぜみ)【ジャクソン】

さて、最近、野池のオカッパリで、かなりイイ反応を見せてくれているルアーの1つなのが、超リアル系セミルアー、その名も「生蝉(なまぜみ)【ジャクソン】」。

見た目のリアルさに加え、ひと口サイズにも関わらず、アピールもあるので、かなり食わせ力の高いルアーなんです!

ジャクソン公式「生蝉(なまぜみ)」詳細ページはこちら

カラーのバリエーションが豊富で、全部が超リアルな感じのカラー!ぜひチェック!

 

で、この生蝉の使い方なんですが…

生蝉のアクション方法について

生蝉(なまぜみ)はキャスト後、少し放置をして様子を見ます。理由は下から徐々に魚を浮き上がらせてバイトに持っていくためです。そこでバイトが無い場合は、少しだけシェイクを入れてバイトに持っていくのがのが、はじめ流です。この生蝉(なまぜみ)を使用している動画も撮影したので是非見ていただけると嬉しいです。

 

タイトル:【バス釣り】真夏のブラックバスは!?灼熱の表層にめっちゃでる!

出典:Youtubeはじめチャンネル

 

YouTubeチャンネル「はじめちゃんねる」のチャンネル登録はこちら

 

 

生蝉関連動画もぜひチェック!

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

 

 

なお、もし、生蝉に対してバスが興味を示さない場合などには、フォローとしてカバーにバックスライドクラーケンなどのバックスライドワームをを入れると、反応が良い場合もありますので、スタンバってもらえると、バッチリです!

ジャクソン公式「バックスライドクラーケン」詳細ページはこちら

 

 

 

 

 

雨などによる急な水温変化や増水でタフった時にはアピール力のある羽根モノで

さて、もう1つ最近、表層系ルアーで反応がイイのが、アベンタクローラーのRSと同GT。

雨が降ったりで急激な水温変化や、増水、タフった時は、生蝉(45mm)よりも、少しシルエットが大きいアベンタクローラーGTorRS(80mm)などの羽根モノ系ルアーが効果的です。

 

アベンタクローラーRS

出典:イマカツ公式「アベンタクローラーRS」詳細ページ

 

アクションのイメージは大きな虫がおぼれてる感じでいつも使用します!

こちらの方も実際にヒットさせている動画を撮影したので、是非チェック!

 

タイトル:【バス釣り】アベンタRSを食う瞬間カメラでとらえた!バックウォーターに潜むビッグバス!!

出典:Youtubeはじめチャンネル

 

 

リザーバーなどではエグジグワッキーストロングのワッキー掛けが高反応

アベンタのフォローでは先ほど紹介したバックスライドクラーケンなどを使ったバックスライド攻めに加えて、エグジグワッキーヘッドストロング2.7gを使った、ジグヘッドワッキーも実績があります。こちらは落として食わす目的だけでなく、サーチ的にも使えるので重宝しています!

ジャクソン公式「エグジグワッキーヘッド」詳細ページはこちら

こちらも参考動画をぜひチェック!

タイトル:【バス釣り】あのリグに突如現れたビックバス!激細ラインで釣れるのか・・・!?

 

出典:Youtubeはじめチャンネル

 

以上が最近、反応がイイルアーのご紹介と使い方でした!!

 

 

さて、これから季節が進み残暑が抜けて秋雨前線がやってくると、一気に横の釣りがハマることもありります!そんな時はイガジグチャター【ジャクソン】などのチャター攻めが超ハマるので、チャター系もボックスに入れておくことをオススメします!最後まで見て頂きありがとうございました! ぜひイイ釣りしてくださいね!