ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

トモ清水のガッ釣りソルト「バチコンアジング最前線」

連載:トモ清水「ガッ釣りソルト」

トモ清水(Shimizu Tomo) プロフィール

PFJ(ピュア・フィッシング・ジャパン)であらゆる魚種のAbu Garciaロッド製品開発を担当するスーパーマルチアングラー。ホームは、関東外房(フィールドテストで全国行脚するため、大阪、広島、九州、北陸すべてセカンドホームグラウンド)。趣味はサーフィン、スノーボード、キャンプと多趣味だが、釣りがダントツ。1977年9月生まれ。本名は清水智一

同じターゲット魚種でも釣り方が変われば全く違う魅力があるというもの。今回ご紹介するターゲットの「アジ」もその1つ。陸っぱりから狙うアジングと、船からの「バチコンアジング」では全く狙い方も楽しみ方も異なります。その魅力や最前線の状況をレポートしたいと思います。

トモ清水のガッ釣りソルト「バチコンアジング最前線」

ボートからのアジングは、分かり易くボートアジングなどと呼ばれ、ジグヘッド単体での釣りもボートアジング。バチコン釣法は、ジグヘッド単体ではなく、キャロライナリグや逆ダウンショットなど重いシンカーを利用するため、ジグヘッド単体での釣りとは違います。

その違いを差別化するために分かり易く、福井県小浜・雲丸の雲船長が名付けたものになります。ちなみにバチコンとは、バーチカルコンタクトの略です。

数年前に雲丸さんでのロケでキャッチしたギガサイズのアジ。釣れるアジのサイズが大きいのが、この釣りの魅力

リグを落として待つだけで、陸っぱりからでは考えられない大型が簡単に釣れるのが、バチコンの最大の魅力

バーチカルに攻めるので、キャストする必要がありません。またシンカーの重さを変えるだけであらゆる水深を攻略することが可能です。

まれですが、時には水深100mということも。よって「リグを落として待つだけ」の非常にシンプルかつ簡単な釣り方がバチコンなのです。

子供も女性も初めての方にも簡単に釣ることが可能。この誰でも簡単に釣れることと、釣れるサイズが大きいということが最大の魅力だと私は感じています。

新潟でバチコン講習会。第二昭山丸さんにお世話になりました

現在、バチコンを楽しめるエリアは拡大しています。新潟もその1つ。その新潟で地元の釣具店、本間フィッシャーズさんが主催するバチコン講習会へお邪魔してきました。女性アングラーの参加もありました。

私は講師として参加させて頂きました。バチコンがはじめてという方がほとんどでしたが、皆さん、最終的にはメガアジをバンバン釣られていました。バチコン専用のレンタルタックルもお貸しし、やはり専用タックルで狙われていた方がよく釣られていましたよ。

フィッシャーズのスタッフ様とバチコンはじめての方に多くお集まり頂きました。
夕方からの出船です。バチコンは仕事帰りでも行ける釣りです♪

バチコンはタックルバランスが非常に重要です。タックルさえ整っていれば釣果を伸ばすことが可能です。

バチコンは落とすだけで簡単に30cmや40cmオーバーの巨アジが釣れるのですが、腕の差も明確に出るのも確かです。簡単だけども奥が深く、約5時間の船の釣りでも刻々と状況は変化していきます。その変化にアジャストさせていくことが面白くなってきます。

暗くなり光が効きはじめた頃からフィーバータイムが始まります

フィッシャーズのスタッフさんが女性アングラーに丁寧にレクチャーしていきます。
あっという間にコツを掴んで、数を伸ばしていました♪

別の女性もバチコンならではのナイスサイズのアジを、マイクロクローラーの4インチ、ピンクグローでキャッチ!

私も合間に竿を出させていただき、体高あるアジをゲットです

福井県小浜や石川県、そして九州、また関東の外房や東京湾、新潟など全国各地でその可能性を試していますが、「逆ダンのミドスト」や「逆ダンのゼロテン」など様々なテクニックが生まれています。リグやワーム、そして誘い方、アタリの取り方などで釣果の差もハッキリ出るのがバチコンアジングのゲーム性の高さです。

そして、新潟のバチコン講習会の翌週には、福井県小浜にある雲丸さんへバチコン&イカメタルに行ってきました。

毎年必ずテストを兼ねて行っているのですが、このエリアでもバチコンのアングラーが増えています。最近ではバチコンとイカメタルの両方が出来るスタイルになっていますね。イカが良くなければアジ、またその逆も可能ですし、イカのお土産が確保出来たら、アジのお土産も確保するといったことも可能です。

今年も小浜の雲丸さんへフィールドテスト。雲船長もマイクロクローラー4インチでギガアジ、メガアジを連発。
はじめての方でも優しく教えてくれますよ~

雲船長はさすが、ギガアジサイズをマイクロクローラーのギガアジチューン4インチで連発していました。乗船されていたお客様からも、今年の金沢バチコン大会が天候不順で中止になってしまいましたが、来年必ず実施して欲しいというリクエストも頂きました。来年の夏に金沢でバチコン大会を開催したいと思っております。

この時、同じ小浜でイカメタルの大会も実施されましたので、次の連載でこの様子をレポートしたいと思います。

トモ清水でした!

See you next time!

■バチコン用スピニングタックル

ロッド:Abu Garcia ソルティーステージ PRMバーチカルコンタクト SVCS-63MLS-TZ、オーシャンフィールドOFVS-642LS

リール:Abu Garcia Revo MGXtreme1000S

ライン:Berkleyナノフィル・カラード0.5号+リーダー:バニッシュレボリューション8lb

リグ:逆ダン21~35g(スイベルシンカー)+ジグヘッド0.3~0.6g(ふわゆらジグヘッド)

ワーム:メインはパワーベイト:マイクロクローラーアジングカスタム3インチ&4インチなど

■バチコン用ベイトタックル

ロッド:Abu Garcia ソルティーステージ PRMバーチカルコンタクト SVCC-66MLS-TZ、オーシャンフィールドOFVC-6102LS

リール:Abu Garcia Revo ALC-BF7

ライン:Berkleyナノフィル・カラード0.5号+リーダー:バニッシュレボリューション8lb

リグ:逆ダン21~35g(スイベルシンカー)+ジグヘッド0.3~0.6g(ふわゆらジグヘッド)

ワーム:メインはパワーベイト:マイクロクローラーアジングカスタム3インチ&4インチなど

マイクロクローラー3インチの伊勢湾カラー(スーパーグローシルバーフレック)が私のフェイバリットカラー!
やはりグローカラーが強いです