ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

生態からアプローチするタチウオ基礎講座

タチウオ特集

近年、人気急上昇中のタチウオのルアーゲーム。

その魅力は何といっても身近な釣り場で手軽に楽しめること!そして、手元に伝わる強烈な釣り味はもちろん、食味も最高とくれば間違いなしです♪

しかも、夕方から夜に掛けてのゲームなので会社帰りにちょこっとフィッシングで楽しめるのも人気の秘密!

さて、この手軽に狙えるタチウオですが、さらに釣果を追求していくと非常に奥が深く一筋縄ではいかないことも多々あります。

このゲーム性の高さと始めての方でもエントリーしやすい微妙なバランスがアングラーを惹きつけているのではないでしょうか?

タチウオゲームといえばバイブレーションプラグやメタルジグでも狙うことができますが、近年ではワインドゲームが主流。

少しエリアを変えれば春タチシーズン(4月)から初冬(12月)までの長い期間にわたり楽しむことがでできるのも魅力です!

この記事ではタチウオの生態を中心に釣りのポイントご紹介します。

タチウオの生態

タチウオの1日の行動パターン

一般的に夜行性といわれるタチウオですが、ぶっちゃけどうなのでしょうか?

いろいろ調べてみると、どうやらベイトフィッシュの動きにも大きく影響されているようです。今回はそこに焦点を当ててみます。

ショアから効率よくタチウオを狙う場合、時間帯的には朝マヅメや夕マヅメ・夜間に狙うのが一般的!

この時間帯に何が起こっているのかというと、実はベイトフィッシュの回遊が多く起こっていて、それは実際、釣り人の目で確認することができます。

で、回遊が見えるということはベイトが「接岸」していると、言い換えることができるのです。

実は日中もベイトは回遊していますが「接岸」していないため回遊を確認することができないのです!

そして夜間は港の中や、常夜灯付近などにベイトが定着し活動の範囲が狭くなります。

これらの条件にタチウオの動きを合わせるといかにも夜行性だと思ってしまいます。

でもそう単純でもない感じ…。というのも船で沖にでてみるとどうでしょうか?

真昼間に水深5mでもタチウオが釣れるのです!

沖のベイトフィッシュが溜まっているエリアに遭遇した場合などがそうです。

以上の例とも関連するのですが、どうやら「ベイトフィッシュの動きと回遊ルート」にタチウオの1日の行動は深い関係がありそう。

当然、これがすべてではないと思いますし、明らかにローライトコンディション時の方が活性が高いとも感じる方も多いでしょう。

ただ「夜行性」という先入観に捉われていると見落とすエリアが明らかに存在します。

いつものポイントでも、ベイトフィッシュが溜まる深場がどこか近くにあるのかもしれません!

タチウオ自体の1日の行動パターンだけではなく、状況の移り変わりの1日のパターンにも目を向けてトータル的に考えてみると楽しいですし、釣果につながるヒントにもなりますよ!

タチウオが好むベイト

タチウオは主に小型の回遊魚(アジ・サバ・イワシ・キビナゴ・イカなど)を好んで捕食しています。

中でも大型になるような個体はカロリーをより多く摂取しないといけません。

さらには運動量をできるだけ減らせて捕食できればさらに「大型」への道は開けます。

当然エリアに寄っても異なりますが、アジの群れに付いているタチウオは大型が多い傾向にあります。

さらにはコノシロの群れに付いているタチウオはさらに大型の確率が高い印象。

そして、小型のタチウオを捕食しているタチウオは大型の確率がさらにUP!

ボトム付近の大型はアナゴを好んで捕食している時期もあります!

タチウオの捕食方法

そしてその捕食方法は、簡単に捕食できるエリアに追い詰める「追い込み型」が多く、ベイトの群れの下方より突きあげるようにして捕食していることが多いです。

ライト下などで見ていると非常に獰猛かつ繊細に捕食しているシーンを目撃することがありますが、派手な捕食はしないで(小型は水面でボイルすることも多いですが)一瞬にして水中に散らばるウロコなどからしか捕食を確認することはできません。

鋭い歯で小さく噛み切って捕食しているかと思えば、意外にも丸飲みされたベイトが胃袋からでてきます。

大型になれば一撃必殺で獲物を捕食しているようにも思えてきます。

静かにベイトに接近し、狙い澄まして捕食に移るのです!

ということは、大型のタチウオのバイトチャンスは一度だけ。

ミスをしても追い食いしてくるのは中型タチウオまで!

そう思えばあの時のミスが実は大型だったのかも…と思い当たることがありませんか?

タチウオの生息するエリア

タチウオは深場と浅場が隣接している海域で、砂・泥の底質と適度な潮通しのある場所を好んでいるようです。

そういった場所はエサとなるベイトが多く、捕食行動をとる時にも都合がよいうえに、外敵からも身を守りやすいエリアといえます。

ウロコのないタチウオは外傷を受けやすいために、上記のようなエリアであっても海中に浮遊物(流木やゴミ)が多いと嫌う傾向があり、底質が岩礁帯のエリアや、海藻が非常に多い場所も嫌います。

常夜灯などの明かり周りも好むのですが、明かりの真ん中よりも、暗い所との明暗部の境めを特に好みます。

意外な所では、水潮に対して比較的強く、雨後や河口などは思いのほか嫌いません。

潮流の流速が一定して速いエリアも得意ではなく、潮流の緩急ができる地形を好み、そして急激な濁りが入ったエリアを嫌う反面、常時濁りのあるエリアでは濁りを気にしないなど、ヒトコトでは済ますことができない奥の深さがタチウオにはあります。

次のページでは釣りをする上でのポイントを解説!

1 / 2
次へ