ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

『ブレードギル』!?ビッグバス連発のセッティングをご紹介!!

寄稿:見上 祥太

鹿児島の見上です。

見上 祥太(Shota Mikami) プロフィール

鹿児島・宮崎を拠点に置き、「大隅湖バスフェスティバル(九州陸釣りグランドチャンピオンシップ鹿児島予選)」、「サンラインバスファンカップin鹿児島」の運営や「大隅湖清掃活動」、「大隅湖親子バス釣り教室」の指導委員長など、南九州のバスフィッシングシーン活性化に勤める。2012年チャプター宮崎第5戦優勝、2013年JB九州第4戦遠賀川準優勝、2015年大分バスフェスタ3位など、陸釣り・ボートを問わずトーナメンターとしても活動中。

春からブレードジグ5/8ozにドライブSSギル3.6inの組み合わせ(通称ブレードギル)を良く使っているのですが、出しどころにおいてはビッグバス捕獲率が高いのでその組み合わせについて解説していきたいと思います!

きっかけはSNSでの並木さんの紹介

以前、並木さんのSNSでこの組み合わせが紹介されていたので、陸っぱりの際に思い出して使った時が初めてでした。

リザーバー支流の最上流の、流れ込みで濁りが生じたタイミングで48cmをキャッチすることに成功しました。

つい先日は宮崎県の綾南ダムにて55cmと53cmをキャッチしました。

上流部の岩盤沿いシャローにてキャッチした1本。

こちらは中流域の大きく張り出した岬のシャローエリアにてキャッチ。

レギュラーサイズも釣れました。

ブレードジグ+ドライブSSギルのメリット

高いキャスタビリティ

このセッティングのメリットはブレードジグ5/8ozとドライブSSギルの重量が相まってキャスタビリティが高いということ。

陸っぱりでは遠投が効きますし、ボートでも遠投から近距離まで非常に投げやすいです。


出典:O.S.P


出典:O.S.P

根掛かりに強い

さらにドライブSSギルの横幅な形状がバンパーガードの役割をして根掛かりに強いです。

ということはストラクチャーに対してタイトにトレースできますし、トンっと当たった際はリアクションバイトを誘発させたりすることもできます。

それぞれのもたらす振動が釣れるキモ

釣れるキモ?のようなものを考えたときに、ブレードジグ自体のバイブレーションとSSギルのテールが「ビビビッ!」っとしたハイピッチアクションの複合で、ビッグバスの側線にかなり影響を与えてリアクションバイトを引き出せるのではないかと思います。

バスの視界が悪くなる濁りの中でも波動が大きいため良く釣れますし、私自身はトレーラーフックを付けていないのですがガッツリ喰ってくるので問題はありません。

ブレードジグ+ドライブSSギルの使いドコロ

使いどころのシチュエーションとしては、シャローで水が良く動く(流れている)エリアやスポットがオススメです。

私は通常より濁っているタイミングでほぼ釣っていますね。巻きスピードは少し早いくらいで様子を見てみて下さい。

※あまりチドるセッティングではないので、チドった方が良いシチュエーションでは使い分けが必要です。

状況によって爆発力のある組み合わせだと思いますので、是非試してみて下さいね!

オススメタックル

ルアー:ブレードジグ5/8oz+ドライブSSギル3.6インチ
アイテム:トレーラーロックM
ライン:フロロカーボンライン16lb
ロッド:MHパワーの張りのあるグラスロッド
リール:ベイトリール(ギア比は6.3:1が◎)