ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

アジングタックル、初場所に2本だけ持っていくとしたら?ジャッカル・杉山代悟君のチョイス!

アジング特集

アジングタックルと聞くと、「繊細」、「感度」、「操作性」。そんな言葉を思い浮かべる人も多いでしょう。

記者自身も実際、いろんな場所、シチュエーションでのアジングのロケを経験してきましたが、アジングタックルに必要な要素を考えると、やはりそういったワードがでてきます。

アジングのような、身近だけど、だからこそ奥が深い釣りは、ちょっとしたことで釣果に差がでます。

タックルセレクト、ラインの種類や太さ、ジグヘッドのウエイト、狙うレンジ、ルアーカラーなどなど。

その中でも多くを占めるのが「タックルセレクト」だと思います。

杉山代悟 Sugiyama Daigo プロフィール

1994年7月生まれの24歳。エリアトラウト界で知らない人はいないエキスパートアングラー。 8歳からエリアトラウトの釣りをはじめ、トーナメントに参戦したのは10歳の頃。 トラウトキング選手権の覇者に与えられるマイスターの称号を過去2回獲得、現在も上位に入賞し続けているスゴ腕アングラー。 そんなエリアトラウトでの活躍に加えて、最近はソルトウォーターの世界も満喫中! 実は静岡の海育ちで実は生粋のソルトアングラーでライトゲームからオフショアのビッグゲームもこなす。 趣味は筋トレで週4でジムに通うほどのマニアだ

ジャッカルのマルチアングラー・杉山代悟君。彼はエリアトラウト界のエキスパートで、見ての通り若く、卓越したセンスの持ち主です。

エリアトラウト以外にも、普段は地元である静岡県静岡市の清水港から出船してい遊漁船・ゼストのキャプテンとしても活躍。

オフショアももちろん、ショアの釣りもマルチにこなす代悟君。

2018年に撮影したプロフィールの動画もぜひご覧ください!

そんな代悟君は、エリアトラウトと同様、繊細なアジングも大好きということで、各地で釣りを楽しんでいるのですが、主にどんなタックルを使っているの?ということで、さっそく聞いてみました!

テーマは、「初場所に持っていくアジングタックル2本」。

1本目 ジグ単専用チューブラーティップ

アジングの基本リグである、ジグヘッド単体、いわゆるジグ単。

アジング用ジグ単ロッドとしては、ソリッドティップタイプが主流ですが、なぜ代悟君はチューブラーティップを選ぶのか?

一番の理由は「手に伝わる感度」です。

ソリッドティップは、その名の通りにティップ部分がソリッド(詰まっている)で、ティップ部以外はチューブラー(中空)になります。

穂先がしなやかで、食い込みがよいのがソリッドティップの特長ですが、チューブラーティップは手に伝わる感度が格段に高いんです。

なので、アジがジグヘッドを吸い込んだ時のアタリが捉えやすく、則フッキングすることができて、掛けていけるんですね。

で、代悟君がジグ単アジングで愛用している1本がコチラ。

スキャッドウォールSWS-58JH-TT

ジャッカルのアジング専用ロッド「スキャッドウォール」。

トルザイトガイド採用、高感度マイクロガイド仕様。高感度なハイスペックロッドです。

その「スキャッドウォール」シリーズの、5.8フィートという取り回しのよいレングスで、操作性のよい1本。

ちなみに、「スキャッドウォール」シリーズには、ジグ単専用の同じぐらいのレングスのソリッドティップモデルもスタンバイ。

スキャッドウォールSWS-56JH-ST

もちろん、ソリッドティップはソリッドティップの利点があります。

潮の変化を感じやすかったり、ジグヘッドの重みを捉えられるという部分。また、小さいサイズのアジがメインになる場合は、食い込ませ重視でソリッドティップが合うということもあります。

ですので、状況に応じて使い分けてほしいところではありますが、「手に伝わる感度」重視で代悟君のチョイスはチューブラーティップです。

代悟君のジグ単用タックルデータ

ロッド:スキャッドウォールSWS-58JH-TT(ジャッカル)

リール:ヴァンキッシュC200S(シマノ)

ライン:エステルライン0.25号

リーダー:フロロライン0.4号

次ページでは2本目を紹介!
1 / 2
次へ