ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

1本のバットに2本ティップが付属する「ソルティスタイル クアッドコンセプト」があらゆるスタイルのアジングにマッチ!

アジング特集

こんにちは、トモ清水です。

トモ清水(Shimizu Tomo) プロフィール

PFJ(ピュア・フィッシング・ジャパン)であらゆる魚種のAbu Garciaロッド製品開発を担当するスーパーマルチアングラー。ホームは、関東外房(フィールドテストで全国行脚するため、大阪、広島、九州、北陸すべてセカンドホームグラウンド)。趣味はサーフィン、スノーボード、キャンプと多趣味だが、釣りがダントツ。1977年9月生まれ。本名は清水智一

前回、アジングにオススメのニューロッドである「エラディケーターリアルフィネス」に追加された、CMG搭載ロッドをご紹介させていただきました。

記事はコチラ

CMG搭載。軽量化と高感度を実現したロッド“リアルフィネス”でアジングの世界が変わる!

今回は、おなじくアジングにオススメのロッド1機種をご紹介させていただきたいと思います。

それが、少し前にライトロックゲームの時にも使用していたシリーズなんですが「ソルティースタイル クアッドコンセプト」というモデルになります。

ソルティスタイル クアッドコンセプトとは

このシリーズの特徴として、1本のロッドを購入すると2本のティップが付属してくるということ。これによって4つ以上の釣りジャンルが楽しめるのが特徴です。

二本のティップは、チューブラティップとソリッドティップの異なる構造で、長さと硬さも違います。チューブラティップは張りと硬さがありますので、ライトロックやチヌゲームにオススメ。一方ソリッドティップは繊細でソフトなため、アジングやメバリングに向いています。よってティップを変えるだけで、そのターゲットに合った、またはフィールドにマッチしたロッドにアジャストしていくことが可能です。

スピニングモデルとベイトキャスティングモデルの合計3機種ラインナップしており、ベイトの一機種はベイトフィネスモデルとなっております。今回はスピニングモデルをメインに愛媛でアジングを実戦しています。

よく質問を受ける内容として、「チューブラとソリッドティップモデル、どちらかにしたらよいか悩んでいる」とか「5フィートの長さがよいか、6フィートの長さがよいか悩んでいる」といったことをお聞きします。このクワッドコンセプトだとそういった悩みを全て解消してくれます!最初からほぼ1本購入する金額で両方ついてくるわけですから。非常にお得で便利なロッドがこの「ソルティースタイル・クワッドコンセプト」になります。

今回は、SSQS-5102ULS-KR/632LT-KRのスピニングモデルを実践投入。5フィート10インチのソリッドモデルは、1g以下のジグ単に繊細に狙っていくアジングスタイルに多用。一方ティップを変えて6フィート3インチのチューブラモデルは2gのメバートでダート系のリアクションで狙っていくアジングに多用。両方の長さ硬さを使い分けて攻略していきました。ティップを差し替えるだけで全く別のロッドになるので、様々なシチュエーション、釣り方にマッチさせ易く、また戦術の幅も広がり、ゲーム性も面白く出来ます。

クワッドコンセプトはリーズナブルなプライスながら、ティップが2本、標準で付いてきますので、1本あれば一年中、様々な釣りに使えますので非常に便利です!

どのロッドを購入しようかとお悩みの方、そんなみなさんにぜひ一度手にしていただきたいモデルになっています。

■SPEC

関連記事

クアッドコンセプトで楽しむライトロックの魅力+CMG搭載ベイトフィネスカスタムをご紹介!【トモ清水執筆】