ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

OSPの名作トップウォーターシリーズの使い分けと必釣テクなどをまとめて解説!

寄稿:青山右京

こんにちは。中部エリアの青山右京です。

青山 右京(Ukyo Aoyama) プロフィール

岐阜県の五三川をメインに地元野池や河川をおかっぱりで釣り歩く。ストロングスタイルのカバーゲームが信条で、01ジグやドライブシャッドがフェイバリット。日々、時間があればフィールドに行きバスフィッシングを追求する、将来有望な若手アングラー♪

あっという間に8月も終わりそうですがまだまだ個人的にバスフィッシングの醍醐味であるトップウォーターゲームが面白い季節です。

バイトシーンが見えて、エキサイティングな展開が病みつきになります!

O.S.Pルアーは様々なタイプのトップウォータールアーが豊富に揃っているので、少しピックアップして、順番に使い分けなどをご紹介していきます。

 

『ラウダーシリーズ』

まずは、ラウダーシリーズから紹介します。

OSP公式「ラウダー50ラウダー60ラウダー70」詳細ページ

 

ラウダーを使用する時は虫を主に捕食しているシチュエーションの場合に有効です!

 

ラウダーの特長

特長はラウダーならではの魚を引きつけるポップ音とカップにしっかり水を受けてくれるので移動距離も抑えられ一点でネチネチ誘える魅力的なポッパーなんです。

 

『ヤマトシリーズ』

続いて紹介するのは『ヤマトシリーズ』です。

ヤマトシリーズ使う時はベイトフィッシュを主に捕食している場合です!

OSP公式「ヤマトヤマトJr」詳細ページ

 

ヤマトシリーズは誰でも簡単にドッグウォークができて、ピンスポットをハイアピールでターンさせ誘う事ができるので初心者にもオススメなトップウォーターとなっています。

 

ラインアイが2つ装備されているルアーです

ハイアピールアイ(下側アイ)とダイビングアイ(上側アイ)あるのですが、それぞれのシチュエーションに合わせてもらえればと思います。

 

『スピンテールフロッグ』

最後に紹介するのは『スピンテールフロッグ』です!

このフロッグはブレードが付いていて使い所はよく野池などで目にする水面までウィードが伸びていたり、リリーパットが生えていたり、そんな場所にはスピンテールフロッグがアツイ!!

OSP公式「スピンテールフロッグ」詳細ページはこちら

 

普通のフロッグではバスに気づいてもらえない状況でも、スピンテールフロッグのブレード効果でバスに気付かせてバイトへ持ち込みます。

 

効果的なアクション

特にバジングが効果的で、ただ巻きでオッケーです。ウィードのポケットがあればポーズさせたりドッグウォークさせたりしますが基本反射的にバイトさせます。

ぜひ、参考にしてみて下さい!!!

 

1 / 2
次へ