ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

だからその時、佐々木俊はフラチャットを選んだ【気仙沼アイナメゲーム】

ライトロック特集

エコギア・佐々木俊さんが展開するロックフィッシュゲームは、状況に応じて柔軟にリグを変えてアプローチするのが特徴。

こちらの50アップの超ナイスなコンディションのアイナメ。

これはフラチャットリングマックスパワーオーシャンの組み合わせでキャッチ。

いやぁ、めでたしめでたしだったのですが、実はコレ、最初からこのリグで攻めたワケではないのです。

爆風でリグ変更

気仙沼本土側の足場のよい場所でキャッチした、ビッグアイナメ。

元々はビフテキリグ(シンカー35gにワームはリングマックスパワーオーシャン3.6インチ)を使って遠投で攻略しようとしていたのです。

遠投からのボトムをズル引き、ズル引きする中で地形の変化のある所では(そこにアイナメがいる可能性が高い)軽くシェイクだったりとアクションを加えます。

ところが、予想以上のなかなかの強風。

ラインメンディングをしながらアプローチするも、どうしてもラインに弛みが出て引きたいコースを真っ直ぐに引きにくい状況でした。

フラチャットのメリット

そこで使用したのが、フラチャット+リングマックスパワーオーシャンだったワケです。

護岸際を丁寧にしっかり探っていくアプローチに。

で、キャッチしたのがあのアイナメ!

フラチャットはヘッドの前面が水を受けて下へと潜ろうとするのですが、ブレードに接続されるラインが上方向に伸びるため、潜ろうとする力と引っ張ろうとする力が丁度よいバランスになります。

つまりは水平に一定レンジをキープできちゃうワケです!

なぜフラチャットを選んだのか

ところで、真っ直ぐ丁寧にレンジを引ける…と聞くと、もう1つ、スピナーベイトであるディーパーレンジを使ったアプローチがありました。

そちらについては以下の記事もどうぞ!

【柔軟な発想】バス用スピナベでロックフィッシュ!使う人は少ない、だからスレていない

同じくスピナベもこのシチュエーションなら選択肢では?と思い、佐々木さんに聞いてみました。

「正直、スピナベと迷いました。ただ、朝イチにスピナベをやった所より足場が高く、またあの風でしたから、より巻き感が強くしっかりとレンジも入れられて波動の強いフラチャットをセレクトしました」

とのことですので参考にしてみてください!

佐々木 俊(Shun Sasaki) プロフィール

ロックフィッシュ激戦区である東北で数々のトーナメントで優勝、上位入賞を果たしている若手注目株。状況に応じた変幻自在な対応で、地磯、堤防、パワーゲームからフィネスゲームまで柔軟にこなすロックフィッシャー。