ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【柔軟な発想】バス用スピナベでロックフィッシュ!使う人は少ない、だからスレていない

ライトロック特集2019

すでに公開しているエコギア・佐々木俊さんによる気仙沼大島でのアイナメ実釣ムービー。

佐々木 俊(Shun Sasaki) プロフィール

ロックフィッシュ激戦区である東北で数々のトーナメントで優勝、上位入賞を果たしている若手注目株。状況に応じた変幻自在な対応で、地磯、堤防、パワーゲームからフィネスゲームまで柔軟にこなすロックフィッシャー。

スピナベで攻略!

佐々木さんはリグのローテが比較的早めで、さまざまなアイテムを駆使していました。

なかなか特徴的だったリグのひとつとして、スピナーベイトが挙げられます。

朝イチ、護岸際をチェックする際に使用していたのは、ディーパーレンジ(1/2oz)とトレーラーワームにフラバグの組み合わせ。

ディーパーレンジは、ジャンルとしてはバスフィッシング用のアイテム。これがなかなか効くのです。

使用するロッドは巻きモノに特化したベイトキャスティングロッド、ロックフィシュボトムパワーオーシャン・PRO78MHC2。

ディーパーレンジの使いどころ

スピナーベイトは、使いどころとしては護岸際を探る時!

当日具体的に使用した所でいうと、凹みのある〝マンションタイプ〟の護岸。

凹んだ部分に潜み、そこで外側を見て、ベイトフィッシュが通るのを待ち構えているような根魚たちを狙うためのスピナーベイト。

ブレードのフラッシング&音で、カタクチイワシなどのベイトを演出するワケです。

スピナーベイトのメリット

こういった場所では、ベイトの群れが岸壁際を通ると魚にスイッチが入りやすい。

それを演出できるワケです。ほかにもメリットがたくさん。

・手返しがイイ
・ゆっくり丁寧に同じコースを引ける
・根魚がスピナベにスレていない

といったところです。

アクションとしてはギリギリブレードが回るような、スローロールで使うのがグッド!

出典:ノリーズ

出典:ノリーズ

バスフィッシングのイメージの強い両アイテムですが、だからこそ根魚たちもスレていない。

柔軟な発想を持つ佐々木さんらしいリグのひとつといえそうですね。