ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」第10回 2日目はシンガポールでボートアジング

連載:家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」
毎週日曜日配信!

家邊克己 Yabe Katsumi プロフィール

サーティフォーCEO、製品開発責任者。全国津々浦々、アジが釣れると聞けば、ドコへでも足を運び、実際に釣って、アジングの楽しさを広く世に伝える、まさに「アジングの伝道師」というべき人物。かなり頻繁に全国各地で参加費無料のアジングセミナーも開催中! 釣具メーカー「34(サーティフォー)※社名は[みんな幸せに!]に由来」を立ちあげ、自身のノウハウを詰めに詰め込んだ製品開発に没頭中。京都府出身、福岡県在住、1958年9月生まれ。

最近、シンガポールとマレーシアに釣りに行ってきたのですが、前回はシンガポールでの釣りについて話しましたので今回は、2日目のシンガポールでの釣りについて話していきます。

前回の記事をチェックして頂いてから見てもらうとわかりやすいと思います。

前回記事はコチラ!

家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」第9回 アジングタックルで挑む!マレーシア釣行

配信記事はこちら

 

1日目の晩はダートフィッシュを頂くことに

前回のマレーシア釣行で釣り上げたダートフィッシュですが、美味しい魚ということでその日のディナーで料理してもらうことに。

頂いてみると皮は大変硬く食べられそうになかったのですが、身は淡白であっさりしていて臭みもなくて本当に美味しかったです!

日本名では小判アジというらしくて、検索してみると究極の美味と書いてあり刺身が絶品だそうです。

次回行った時には是非刺身で食べてみたいと思います。

いい魚が釣れて満足したのですが、赤道の近くなので太陽も日本で見るよりも大きく日差しが半端なくきつかったです。

日焼け止めをかなり塗っていたので少しはマシでしたが、それでもかなり焼けてしまい夜シャワーを浴びると結構しみましたね。

月も左右に欠けないで上下に欠ける。

これも数回シンガポールに来ているのですが、初めて見たのでちょっと感激して、赤道直下にきている実感が湧きました(笑)

 

前回の沖でのアジングとは違って今回は湾内へ

さて2日目はシンガポールに戻ってのボートアジングです。

今まで数回やったのはかなり沖に出てのボートアジングだったのですが、今回は市内からすぐそこのタンカーなどがたくさんいる湾内(?)でした。

ちょっとよく分からないですが港から10分20分の近場でした。

水はクリアではなく少し濁った感じで、狙う魚は潮止まりが近いので潮止まりまでサガエと言われるGTに似た魚を狙うことにしました。

そして、潮が止まったらボトムフィッシュを狙うという段取りで始めました。

今回の船長さんはプロの漁師さんでメチャクチャ愛想のいい笑顔の可愛い人でした!

1 / 3
次へ