ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

夏のオカッパリシーバス・シャローゲームの攻め方と実績ルアーを紹介【寄稿by福嶋信悟】

福嶋 信悟(Shingo Fukusima) プロフィール

宍道湖・中海(島根県)のシーバスをメインにソルト、フレッシュウォーターと、様々な釣りを楽しむアングラー。とにかく釣りの経験が豊富。まずはハゼやメバルのエサ釣りからスタート、その後はブラックバス、渓流、チヌ落とし込みを経てソルトゲームの世界にドップリ。現在はショアから狙える魚は何でも狙うマルチ系アングラーとして活躍中!広島出身、島根県在住

皆さんこんにちは。福嶋信悟です。

山陰、宍道湖、中海のシーバスと言えばビッグベイトゲームでご存知の方も多いかと思いますが……。
今回は、これからのシーズン楽しめる、シーバスのシャローゲームについてご紹介させていただきます!

 

『初夏』から本格的な宍道湖シャローゲーム!!

さっそくですが、私のホーム島根県松江市にあります宍道湖(島根県)の釣りをご紹介していきます!
ということで、まず、ざっくり1年を通して宍道湖・中海(島根県)のシーバスがどのような行動をするのかを説明させていただきます!

●冬1月~3月…日本海周辺のシーバス達はベイトの群れと共に境港周辺に入りはじめます(もちろん、全部ではなく居残り組もいます)。

●3月上旬…中海周辺、大橋川下流で釣果情報がチラホラ上がりはじめます。ちなみに今年はメーターもあがり、連日どのポイントも満員御礼。地元の私もなかなか入れないほどで、県外からのアングラーが多く訪れるポイントもありました!

●4月上旬から6月中旬あたり…大橋川上流域で釣果情報が上がりはじめます。

と言う感じで、徐々に日本海から宍道湖にシーバスが移動していく流れがあることが分かっていただけたと思います。

 

狙うポイントのシチュエーションは?

宍道湖のオカッパリではウエーディングでシャローを狙うことが多いのですが、狙う水深は深くて4~5m、だいたいが3mのエリアが多いです。

ちなみにシーバスに限らず夏の釣りのポイント選びで大事なのが「水」。潮の動きのある場所がよく、川、流れ込み、湧水、ウィード周りが狙うべきポイントになります。

あとプラスαでベイトの存在、かけあがり、ストラクチャー、風など、いろんなプラス要素が多ければ、よりシーバスに出会う確率があがります!

シーバスの溜まりやすいポイント

もうちょっと具体的にシーバスが溜まりやすいポイントに紹介していくと…

例えば…

●雨の次の日は流れ込みや、川周り、水門周りに大型のベイトが落ちてくることが多いので流れができやすいポイントを選ぶ。

●暑い日が続くと、水温も上がり低活性になりがちなので湧水ポイントなどの酸素量や水温が低い場所を選ぶ。

●ウィード(藻)の間にできたシェード(影)に隠れていることもあるので、ウィードの切れ目を狙う!

と言った感じです。

 

アプローチは大遠投、フルキャストで沖の潮目やボイルなどを狙う

キャストは、基本遠投、フルキャストです(笑)。

一見、大雑把にも聞こえるかもしれませんが、遠投することによりバイトチャンスを増やしつつシーバスが何処にいるのかを探ります。

遠投するのは沖にできる潮目などボイルを逃すことなく狙うのが目的です!
その日によって魚のポジションも変わりやすいので気になることは、迷わず試す! これ、一番大事です!
続いてルアーセレクトについて解説します。

 

遠投するにはスパローで!

さて、ルアーについてなんですが、私が多用しているのはスパローです。シーバスルアーの遠投と言えば鉄板です!
このスパロー【nadar】はウエイトバリエも幅広くあり、エリアを選ばす使えて、釣果鉄板なルアーです。
ちなみに多用するウエイトは10、14gです。

nadar.公式「スパロー」詳細ページはこちら

 

鉄板系ルアーは、前述した通り、遠投もでき、サーチ力も強く、答えが出やすいルアーですが、正直なところバラシが多いという傾向もあったりします。

なぜかと言うと、シャローエリアの場合水深も浅いため、シーバスの食い方がルアーの後ろからリアフック辺りに食いつくことが多い為に、首を振られた時にルアーの重みで飛ばされてしまうということがあります。鉄板ルアーが悪いと言うことではございません(笑)。

正直なところシーバスをバラさずキャッチするのは難しいことだと思います。

ですが、シャローエリアでなぜバラシが多いのか?をしっかり考えると自分のスタイルにあったルアーを見つけていけると思います!

さて、そんなわけで、私的にテッパンルアーとローテしているルアーがあります。それは…。

 

 

鉄板バイブとローテしたいのがカットバイブ55HW【メガバス】

鉄板バイブのスパローとローテしたいルアーなのがカットバイブ55HW

一口サイズのヘビーウェイトバイブでバラシとミスバイトを激減させてくれるルアー。

カットバイブ55はエッジの立った背中で、水流を鋭くカット。さらに独特なショートビルが適切に水流をつかみつつ、抵抗水流をカットしてくれます。

 

 

カットバイブ55HWの基本的な使い方は、ただ巻きorリフト&フォールです。

タダ巻きでは超デッドスロー~ハイスピードリトリーブまで、キレのあるハイピッチなバイブレーションアクションを見せてくれます!

 

ただ巻きの場合、頭下がりにならず水平姿勢の泳ぎが基本の為にフロントフックにかかりやすく、小粒な為シーバスに首を振られても飛ばされにくいのが特徴です。

こんな丸のみバイトもよく起こります。丸のみバイトって『餌に見えたのか?』とか色々考えると嬉しいのは私だけじゃないはず(笑)

 

1 / 3
次へ