ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

夏のオカッパリバス釣り!ハイプレ・低活性バス対策リグを紹介【寄稿by森下広大】

はじめまして! 岡山の野池やダムをメインに釣りをしている。『森下 広大』です。

森下 広大(Hiroki Morishita) プロフィール

岡山のバスフィールドがホームグラウンド! 野池やリザーバーほか、オカッパリスタイルでの釣りを得意とする現場型アングラー!

 

今回、紹介させていただきたいのが、自分自身が、夏場にイイ思いをさせてもらっているリグと釣り方なんです。プレッシャーのかかったバスや活性の低いバスにも効くので、参考にしていただければウレシイです。

 

私が夏場に多用しているのがシェイプス2.5inchのジグヘッド

さて日中 暑くなってきて、水温も高めになってくる、これからの時期!魚は、ナーバスになり活性も下がり気味になり 釣る事が やや難しくなります。

そん中、私が多用しているのがシェイプス2.5inch【ガンクラフト】です。

どんなリグでも対応してくれる汎用性の高いリアルシルエットのワームです。スモールラバージグのトレーラー ダウンショットリグ スプリットショットリグ ライブベイトリグとホントに色々なリグに対応してくれます。

そんな中で、夏場に自分が多用しているリグなのがジグヘッドリグなんです。

 

ジグヘッドの刺し方は『横向きの縫いざし』

実は私的にはジグヘッドの刺し方に少しだけ工夫をしています。それは…
『横向きの縫いざし』です。

実はこの刺し方をすると、円を描くようにフォールしてくれ、それがサイトでもブラインドでも効くんです。

 

さらなる有効な誘い方は?

あと有効な誘い方はいくつかあります!

1つが中層でシェイクしながら、使うミドスト。

あとボトムについてから、ピッピッと素早く動かしてリアクションバイトを誘うなどのアクションも効きます。この場合はエビやベイトフィッシュが逃げ惑う様を演出してあげるイメージで動かすと◎。

 

実績カラーを紹介

実績のあるワームカラーは、主に野池では、稚ギル、グリーンパンプキンシャッド!

リザーバーでは、クリアレイクシャッド、セクシースモークなど、そのフィールドにいるベイトフィッシュに近いカラーを意識してチョイスしてあげると釣果がでやすいです!

以上が、私が夏場にイイ思いをしているリグと使い方でした!

 

シェイプス2.5インチ参考動画

出典:YouTubeチャンネル「GANCRAFTMOVIE」

出典:YouTubeチャンネル「BASS LABO」

 

1 / 2
次へ