ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ハンプリー】川島勉プロデュース!ジャストワカサギサイズの小型カワシマイキー的な新型ルアーを紹介

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

房総半島のリザーバーを得意とするスーパーロコアングラーとして知られるのが川島勉さん!

川島 勉(Tsutomu Kawashima) プロフィール

房総半島のリザーバーを超得意とするスーパーロコ! カワシマイキー、ポンパドールシリーズ、チョップカットシリーズほか、様々な釣れスジルアーをプロデュースしていることでも知られている

 

川島さんのプロデュースするルアーって、使っているだけでワクワクするのに加えて、実釣力も備えているので、いつも新作が出るのを楽しみにしています!

さて、そんな川島さんプロデュースものですが、2019年頭のフィッシングショーでは2つのルアーが登場予定となっていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ジャパンフィッシングショーで公開された小さいカワシマイキー。 まだ試作品だけど完成が見えてきた😄 最初は自分でウッド製65ミリのカワシマイキー風ルアーを作るもノーウェイト状態でシンキングに😅 物理的にムリがあるのと、欲張りなルアーにするため浮力のあるエラストマーを一部使用となり、(画像上)→ジャッカルにザックリのイメージ画を送ると(画像上から2番目)→直ぐ形になって来た。ここから理想のアクション出しと魚の反応確認を経て現時点で一番下のサンプルに。まだ完成形ではないけどもう一息😊フィッシングショーでお話しさせて頂いた詳細、使い方は今後動画で配信したいと思います!それまでしばらくお待ち下さい🙏 #ジャッカル #jackall#小さいカワシマイキー#川島ジョインテッドミノー (仮称)

川島勉さん(@jk_kawashima)がシェアした投稿 –

 

1つがチョップカットJr.そしてもう1つが仮称「川島ジョイントテッドミノー」というモノでした!

 

そのうちの1つ、チョップカットJr.については、詳細をレポートさせていただきました!

 

【チョップカットJr】川島勉プロデュース!あの水面炸裂系ルアーの小型Verがジャッカルからついに登場

配信記事はこちら


出典:ルアーニュースR(ルアー関連ニュースWEBサイト)

 

さて、もう1つの川島さんプロデュースの新作について、情報をキャッチしたので、お伝えさせていただきます。それは…

ハンプリー【ジャッカル】

川島ジョイントミノーという仮称がついていたルアーですが、正式名称は「ハンプリー」という名に決まったようです!

ハンプリーという名の由来は、ボディの半分がプリっとしているから!だそう。

実際、ボディの上半身はハードマテリアル、下半身はソフト素材になっています。

 

このハンプリーですが、見ての通り、ジョイントルアー!

 

川島さんがこのルアーの開発に当たって望んだのは「ジャストワカサギサイズのカワシマイキーがほしい」ということ。開発陣には求めた主な特長は3つ!

 

・ジャストワカサギサイズの65mmの細身ボディであること

・水面で引き波を伴いつつアクションできる浮力を持つこと

・ナチュラルに誘える3ジョイント構造を搭載したフローティングミノーであること!

 

 

一見、問題ない3要素に思えるかもしれませんが、実際は65mmの細身ボディで、しかもジョイント構造のモノで浮力をだすのは至難のわざだったそう。

 

その問題を解決するべく、採用したのが、エラストマーテールを用いたジョイント構造だったとのこと!

 

 

下の画像はほぼ最終プロトですが、確かにワカサギちっくな小型のカワシマイキーになっていますね。

リップを見ると、その言葉通り、カワシマイキーの流れをくんでいるのが分かります!

食わせ力が高そうで、バイトシーンも楽しそうなルアー!速く使ってみたいですね!

 

関連動画 【仮名】カワシマジョインテッドミノー テスト釣行

出典:YouTubeチャンネル「川島勉Benチャンネル」

1 / 2
次へ