ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

天龍「レッドフリップ」シリーズから鯛ジギングロッドをご紹介

レッドフリップマダイジガーは、その名の通りタイジギング用ロッド。

マダイジギング用ロッドということで、なかなか細かい所を突いてきますね。

 

出典:テンリュウ

スピニングロッド2機種がラインナップされています。

 

出典:テンリュウ

RF652S-L(MADAI-JIGGER)
全長1.96m
自重128g
ルアーウェイト:MAX100g、BEST60g
価格33,500円

出典:テンリュウ

RF752S-ML(MADAI-JIGGER)
全長2.26m
自重147g
ルアーウェイト:MAX120g、BEST80g
価格34,000円

出典:テンリュウ

リアグリップが短めになっているのも特徴で、軽くキャストする時に邪魔にならない仕様になっています。

出典:テンリュウ

ラインの抜け感がよいステンレスフレームKガイドシステム。

出典:テンリュウ

ちなみにマダイを狙い、小さなジグを使うのが主流なタイジギングですが、基本的にはタダ巻きでOKとアクションも簡単。

タイラバにアプローチ自体は似ているのですが、アタリがあったら基本的にすぐにフッキングにもっていくのが違いといえます。

出典:Youtube 天龍釣具事業部

早掛けに向く!だからイイ…と教えてもらった笑

また、スーパーライト、マイクロジギングと呼ばれる小さなジグと細いラインでターゲットを狙う釣りでもマダイが釣れます。

ただし、最初からマダイを狙ったタイジギングという場合は、前述した通り、即掛けが必要になります。特にベイトフィッシュを追いかけている状況では。

レッドフリップシリーズはフルカーボンで感度が高く、バイトした瞬間に掛けていくのに持ってこい!

出典:テンリュウ

テンリュウロッドにはホライゾンLJというライト、スーパーライトジギングを対象としたロッドもありますよね。

出典:テンリュウ

こちらは、レッドフリップと比較すると、ティップがグラスなので早掛けよりは柔らかく追従して掛けていくようなイメージ。

このあたりも考えて、ターゲットや状況に合わせた併用をすれば幅が広がりそうですね!

……と、天龍スタッフの舟木さんに教えてもらいました(笑)。

レッドフリップのテンヤマダイロッドにも新機種が!

ちなみにレッドフリップはマダイジガーのほかに、主にタイラバ、そしてテンヤマダイを対象にしたロッドもあります。

出典:テンリュウ

テンヤマダイを対象としたレッドフリップリアクションテンヤには、今季4つの新しい機種も追加されているので、そちらもチェック!

【レッドフリップリアクションテンヤの詳細は→コチラ